完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

ブログ

2015年8月の記事

サプリメントは効果がある?ない?

こんにちは。

wakaba整体院の平山三将です。

今回はサプリメントについて考えていきたいと思います。

 

サプリメントは、医薬品と違い、規制がないためコンビニなどで手軽に買うことができます。

そのため肌ツヤがわるいなどの理由でサプリメントに頼る若い女性も増えています。

薬のような強い作用を及ぼすものではありませんが、沢山飲めば身体にいいというものでもありません。

 

サプリメント

 

ダイエットしている方で、ご飯を食べずにサプリメントを大量に飲むということをしている場合は危険です。

足りない栄養素を適切に補うという使い方はいいと思いますが、自分の食生活で何が足りていないか把握しないまま、

「肌にはこのサプリがいいから」

という理由で飲むのは止めましょう。

身体に悪影響があるということを理解するには栄養素の事や栄養素が身体に吸収されてどのように使われるかを知る必要があります。

 

必須栄養素には、ある一定の条件があるのをご存知ですか?

それは、栄養素は単体では意味がないということです。

下の図をご覧ください。

 

46必須栄養素

 

一つの栄養素は

緑の線の先の栄養素がなければ身体に吸収されず

青い線の先の栄養素がなければ役に立ちません。

 

ビタミンAを例にすると

沢山ビタミンAをとってもビタミンB12とビタミンB3とビタミンB6がなければ身体に吸収されず

またコリンとビタミンDと亜鉛とビタミンB5とリンとビタミンCがなければ役に立たないということです。

 

水溶性のビタミンであれば身体に吸収されない時は、尿中に排出しなければならないので腎臓に負担がかかります。

脂溶性のビタミンは肝臓に蓄積されるので、肝臓に負担がかかり中毒になったりします。

 

またサプリメントは安全と言われていますが、実は危険な面もあります。

 

サプリメントの危険性

妊娠中の方

妊娠中は身体が敏感で、ホルモンバランスが崩れやすい。

またビタミンAを取りすぎると、奇形児が生まれる可能性が高くなる。

 

授乳中の方

サプリメントの成分が母乳に含まれてしまうため、それを飲んだ赤ちゃんに悪影響を与えることがある。

子供は身体が小さい分、過剰摂取の影響を受けやすい。

 

アレルギー体質の方

サプリメントには様々な原材料が使われおり、天然成分から加工物まであります。

反応がでると身体がかゆくなったり、蕁麻疹がでるなどの症状が出ます。

また、血圧の低下や呼吸困難を起こしたりする場合もあるので、自分にとってのアレルゲン(アレルギーを起こすもの)がないか確認する必要があります。

 

薬を服用している方

サプリメントと薬は同時に、摂取すると副作用が起きるケースがまれにあります。

たとえばワーファリンとビタミンAを同時に摂取するとワーファリンの働きを強めてしまい、出血するとなかなか血が止まらないケースもあります。

 

そもそも病院以外で手に入れることのできるサプリメントに病気を治したり、肌を綺麗にしたりする効果があるのかという根拠はありません。

あるなら国が認めて、病院が薬として出しているはずです。

なのでサプリメントは栄養素を補うことはできますが、肌を綺麗にしたり、病気を治したりすることはできません。

まず、身体が整っていない人はサプリメントを飲んでもうまく腸で吸収することができません。

吸収できたとしても他の栄養素が足りておらず、尿として体外に排出されてしまうのがおちです。

 

身体が整っていない人はまず身体がうまく吸収できるようにしないとサプリメントで栄養をとっても意味がありません。

また吸収した栄養素も利用できなければ、肝臓や腎臓に負担がかかり身体を悪くする悪循環を作り出しかねません。

自分の身体を整え、食生活を見直し、それでも補えない栄養素をサプリメントで補うというのが正しい使い方だと考えます。

 

よかれと思って飲んでいるサプリメントが、実は身体を壊すことになっているかもしれません。

肌を綺麗にしたい、病気を治したいなら根本から変えないと変化しません。

不規則な生活を改める、食生活を変える、適度な運動をする、身体を整えるなどサプリメントを飲む前にできることは沢山あります。

 

整体とは身体の機能を高めていき、人間のもつ最高の薬である自然治癒力を引き出すことができます。

薬やサプリメントの飲む前に、まずは自分の身体の中で働いてくれている自然治癒力という素晴らしい薬を最大限に生かすことをお勧めします。

Posted in 平山三将のブログ 1 Comment

豊前市リトリートcafe風知草の薬膳カレー

きのうはランチをしに豊前市の求菩提にあるリトリートCafe風知草❪ふうちそう❫に行ってきました( ´∀`)

薬膳カレーと豆乳プリン

となりは季節の野菜をサラダにしてます。

去年の6月に求菩提をドライブ中に見つけて、この薬味カレーが大好きになりました。

前は近かったので毎週のように通っていましたが、今回は2ヶ月ぶりに来ました。

やっと食べれたーっというかんじ(笑)

お店のオーナーさんもいつも明るく笑顔で迎えてくれます。オーナーさんによって味もぜんぜん違ってきますね。
ここにくると、お腹も気持ちも元気になれるから大好きです。

Posted in 平山愛子のブログ, 日常のこと コメントをどうぞ

速読について

わたしは去年から師匠に速読教わり練習しています^ – ^

施術家になり、本を読む機会が増えましたが、読んでたら終わらないものもありました。活字も苦手で、頭に入っていないような・・・。これでいいのかな?といつも思っていました。

師匠からは、『本は読むんじゃなくて、見る』と教わりました。
一度読んだ本の内容って実は覚えてないことが多いですが、それよりも何度も同じ本を積み重ねて見るほうが頭に入るそうです。

最初は、速読は自分には程遠い夢のような話しでした。

師匠は、潜在意識の使い方を教えてくれますが、
『できないと思えばできません。しかし、できると思えばできます。速読もその中のひとつ。潜在意識を使って読んだほうが、より大量の情報を処理できますので、便利です。』と言っていました。

できないと思っていたわたしも、少しずつ慣れてきました。

最近は1日3、4冊くらいは読める時もあって、なんだか不思議に思います。
ほんと、字を見るのも苦手だったので(笑)

まだまだ修行中ですが、これからも本を楽しみたいです。

Posted in 平山愛子のブログ コメントをどうぞ

速読ができる人、できない人

今回は私たちがしている速読法について簡単に説明し、なぜできる人とできない人がいるのかというのを私なりに考えてみました。

参考にしている本は

苫米地英人著『ほんとうに頭がよくなる速読脳のつくり方』
宇津出雅己著『どんな本でも大量に読める速読の本』
です。

どちらも600円前後でオススメです。

あとネットで
『一月万冊』というページをみて勉強しています。

 

私はもともと本が好きで年間100冊近く読んでいました。

速読を始めたのは去年の12月くらいなのでまだ始めて9ヶ月くらいになります。

今年に入って読んだ本を大体数えているんですが

今年は200冊近く読んでいます。

まだ遅いです。

一月万冊の清水さんは月に1500〜3000冊です。

それでも情報処理速度は以前とは比較にならないくらい早くなっていると思います。

 

速読してみたいなと思って本を買われた方、セミナーに出た方はたくさんおられると思います。

しかしほとんど方が速読できないまま終わってしまうのはなぜでしょうか?

そもそも速読ができる方、している方はどのような方でしょうか?

この疑問がわかれば自分が速読できるか、出来ないかが分かります。

 

みなさんはこのような経験はありませんか?

・よく知っている内容の本は速く読める
・ある分野の本を何冊か読んでいると、だんだんと読むのが速くなる
・一回読んだ本を再読すると一回目よりも速く読める

ということは

『読書慣れ』『速読技術』に勝る

ということが言えます。

 

速読のポイントは読むではなく見る。

『に上も三の石年』

を見たときに『石の上にも三年』なんだと理解できます。

ということは短い文ですが速読できたことになります。

しかし石の上にも三年という言葉を知っていないと見ただけで理解出来ません。

例えば
『産はな者心き恒しな恒』
これは見ただけでは理解できませんよね。

答えは『恒産なき者は恒心なし』らしいです。

ですので、とにかく見てインプットさえすれば、脳が勝手に処理してくれて速読できると思うのは、残念ながら間違いです。

 

つまりストック(知識・情報・経験など)が多い人ほど速く読めるのです。

ここで
しかしほとんど方が速読できないまま終わってしまうのはなぜでしょうか?

の疑問が解決します。

 

答えはデータベース、ストック(知識・情報・経験など)が少ないからです。

 

なのでこういう人は速読をする前に沢山の本を読む、本を読む時間を増やすということが必要です。

速読をしたいという方に限って、本を速く読むことができれば本を読むという人が多いんです。

逆に言えば本を速く読めるようになるまでは本を読まないということになります。

これでは一生速読できないというのがこれまでの説明で分かります。

 

そもそも速読ができる方、している方はどのような方でしょうか?

という疑問ですが

私は速読できる人の本を読んだり、インターネット上で見ていますが、ほとんどの方に共通していえるのが、

・本が好きで速読する前に色んな本を読んでいた
・本を沢山読む必要があった
・短い時間で沢山の情報を処理する必要があった

という事です。

芸能人でいえばGacktなんかも短い時間で沢山の情報を処理する必要があったため、知らないうちに速読ができたみたいですね。

 

速読講座を受け『読書スピードがあがった』と満足している人もいますが、そういう人のほとんどが、これまでかなりの本を読んできた人です。

なのでストックがもともとあったのです。

 

速読力とは

速読技術✖️ストック(知識・情報・経験など)

 

で表すことができます。

速読技術に関しては色々な本に書いていますのでそちらをご覧ください。

 

最終的になぜ速読をする必要があるのか、速読を使ってなにがしたいのかという目標がないと続かないのが現実としてあります。

速読をしたいなという人は速読を使ってなにを成し遂げたいのかを考え、まずは本に触れる時間を増やすということから始めてみることをお勧めします。

速読をすることによる一番のメリットは

一つのことに関連した本を沢山読めるので多角的に情報を見れるようになれるということです。

一つの情報があったとしたら、表から見ている人、裏から見ている人、側面から見ている人、上から見ている人、様々です。

こっちの人はいいといっているけど、こっちではダメ。

世の中には絶対的なものは存在しません。

情報化社会であらゆる情報があるなか、どれが正しくて間違っているかではなく、どの情報を選択するかということが大事だと考えています。

Posted in 平山三将のブログ コメントをどうぞ

ストレス克服術2

具体的なやり方について説明していきます。

自立訓練法は医師からも推奨されていて
次の効用が確認されています。

①蓄積された疲労を回復することができる
②イライラせず、おだやかな気持ちでいられる
③自己統制力が増し、衝動的行動が少なくなる
④仕事や勉強に対する集中力がつき、能率があがる
⑤身体的な痛みや精神的な苦痛が和らぐ
⑥内省心がつき、自己向上性が増す

こうした効用からわかるように、自立訓練法は、ストレスの緩和・解消法として有効な手段ですし、能力開発の方法として期待されています。

 

自律訓練法は標準練習、特殊練習、黙想練習の3つのタイプがありますが、標準練習さえマスターすればほぼオッケーです。

そこで簡単ですが、標準練習をやってみましょう。

①安静練習
気持ちがとても落ち着いている
→少しでも落ち着いたらオッケーです
無理にリラックスしようとすると緊張します

②重感練習
両手両足が重たい
→感覚がつかみやすい手から始める

③温感練習
両手両足が温かい
→感覚がつかみやすい手から始める
お風呂にい入った時をイメージするとやりやすい

④心臓調整練習
心臓が自然に静かに規則正しい
→交感神経と副交感神経のバランスがとれる
心臓の悪い人はとばす

⑤呼吸調整練習
自然に楽に呼吸している
→自分の意思でしないこと
今している呼吸を受け入れること

⑥腹部温感練習
お腹が温かい
→お腹にホッカイロを置いているのをイメージ
内臓が硬い人はこれをするとお腹の働きが良くなる

⑦額部涼感練習
額が気持ち良く涼しい
→顎の力を抜くこと
他のより難しいので焦らずできるまで地道に続ける

 

基本姿勢
仰向けで寝た姿勢
楽に椅子に腰掛けた姿勢
自分が楽になれればどちらでも大丈夫です。

 

自律訓練法はステップ・バイ・ステップ方式で一つ一つの段階を追いながら徐々に進めていきます。

青文字の言葉を自分自身にかけていき『気持ちが落ち着いている』をマスターし、次の『両手足が重たい』に入った時には、上に積み上げる形になります。

なので単独ではなく必ず『気持ちが落ち着いている、両手足が重たい』と次の段階に行く時は続けるようにしてください。

 

消去運動

練習が終わると必ず消去運動をしてください。消去運動をしないまま動くというのは、寝ている時にたたき起されてぼんやりしたままで日常生活を送ることになりかねません。

①両手で握りこぶしをつくり、グーパーを繰り返す
②大きく背伸びをする

一回の練習時間
3分〜4分を目安にしてください。
これを1日に数回行ってください。

詳しく知りたいなという方は
佐々木雄二 新版 自律訓練法
をお読みください。

 

整体サロンnaturaではなかなかリラックスすることができない、気持ちが落ち着かないという人に自律訓練法をできるているか確認しながら一緒に行っています。

できるようになると、どこでも日光浴しながら昼寝しているくらいのリラックス感を味わうことができます。

私も実践しているので効果は確かです。お試しあれ。

 

Posted in 平山三将のブログ コメントをどうぞ
1 / 212