完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

ブログ

2015年11月の記事

毎日の食事と調味料の大切さ

主婦になり早4ヵ月目です。
料理を始めたのも4か月。というまだ初心者。
専門学校時代の実習以外、一度も実家を出たことがないわたしは料理は全部親にしてもらっていました(笑)

この4か月を振り返り、食生活の大事さを実感しています。
10月くらいからトイレの回数が増えてきて、今までと何となく身体の調子が違う。なんと夜中まで起きてトイレに行くまでになっていて。
そういえば、すごく喉がかわいて水を飲んでいたことを思い出し・・・。

結婚してから、冷凍食品のパスタや餃子にハマっていたし、調味料の分量も適当。それでちょうどいい味つけになればよかったのでしょうが、わたしの場合、塩辛いのが大好き。かなり濃かったみたいです囧
細胞が生まれ変わるのが3ヶ月。自分で作りだして4ヶ月となれば、もう食生活の乱れがカラダの表面に出てきてもおかしくない。

実家にいた頃の、母親の料理がいかにカラダに優しかったかがわかりました。
バランスの取れた食生活を当たり前のようにさせてくれていたことに感謝です。いまは味見をしながら、調味料の配分に気をつけています。あと、冷凍食品に頼るのもやめました(笑)よく考えたら(よく考えなくてもと突っ込まれそうですが)、添加物がたくさん入ってますよね。

健康を提供する仕事をしている分、自分自身の不調をキャッチし、自らが健康でいることを心がけながら、この反省を生かしていきます。

今は食卓に『旬の食材』を並べるようにしています。
旬の食材は、ふさわしい季節に育ち、栄養価はもちろん、数値には出ない食物そのものからのエネルギーが増します。
人のカラダにも四季があり、その都度バランスを取ってくれるのが旬の食材。どんなサプリメントよりも最適ですね(^ ^)

Posted in 平山愛子のブログ コメントをどうぞ