完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

ブログ

2016年5月の記事

目に見えない情報の大切さ

こんにちは。
行橋の自律神経専門wakaba整体院の平山三将です。

私達は普段、気づかないうちにたくさんの情報を浴びて生きています。

朝起きて、ニュースで聞く言葉
職場の人との会話
電車での話し声
食べる物、言葉、部屋の空間、動き
言うなれば全ての物に情報があり、見えない物にも情報があります。

そして人には合う情報と合わない情報があります。

自分にとって合う情報を受けると
身体が軽くなり、呼吸も深くなり、心が穏やかになります。

自分にとって合わない情報を受けると
身体が重くなり、呼吸が浅くなって落ち着きがなくなります。

皆さんも
この飲み物を飲むと身体が重くなる
この動きをすると腰に違和感がでる
この部屋にいると気分が悪くなる
この人と喋るとモチベーションが下がる

などの経験はありませんか?

これは自分にとって合わない情報です。

逆に
この飲み物を飲むと体の調子がいい
この動きをすると身体が楽に動かせる
この部屋にいると気分がいい
この人と一緒にいると元気がでる

などは自分にとって合う情報です。

このように人はいろんな情報を受け取って自分に合わない情報だとカラダを固めて、合う情報だとカラダを緩めるということを無意識に行っているのです。

生活する中で全て自分に合う情報だけにすることで多くの方は痛みや不調から解放されます。
仕事や子育てで自分の時間も取れないなかそんなことは出来ないと思います。
しかし自分にとって合う情報を意識的に取り入れるだけでも身体は悪くなりにくくなります。

私は普段食べる調味料やジュース、自分がいる空間や運動を通してなるべく自分に合う情報を取りいれるよう心がけています。

wakaba整体院では食事や睡眠、電磁波、ストレスについて気をつけることや運動を通して自分に合う情報を取り入れる事が出来るように患者さんに冊子を配っています。

もちろん施術によって身体をいい状態にすることも大切ですが、来院される方が今後身体の不調で悩まなくすることも私達の治療者の役目だと考えています。

今の世の中、便利になりすぎていてご飯も外食やコンビニで済ませたり、携帯電話で一日中ゲームをしていたり、移動も車で済ませ運動する機会が減ったりと自分に合う情報を取りいれる機会が少なくなり、自分に合わない情報が溢れています。

私達はいかに自分に合う情報を生活の中に取り入れ、自分に合わない情報から身を引くということを意識していかないと健康な身体を手に入れることは今後は難しいと思います。

私の場合、
コーヒーを飲みすぎると身体がだるくなる
背中を反っていると腰に負担がくる
携帯電話をもっていると手がしびれる
外食が続くと身体が重く腰に違和感がでる、唇の周りに吹き出物がでる
カップラーメンを食べたあとは無性に眠くなる
これは私には合わない情報なのでなるべく避けるようにしてしています。

日々こういう感覚を感じてみてください。
そして自分に合わない情報からできる限り身を引き
合う情報をたくさん取り入れれるようにしてみてください。
そうすると自分の身体をコントロールできるようになり、多少の不摂生をしてもすぐ元に戻れるようになります。

完全に合わない情報をシャットアウトすることはできないし、不摂生も楽しみの一つでもあります。

是非皆さんも自分の身体がどんな情報に左右されているのかというのを探して身体をコントロールできるようにしていきましょう。

Posted in 平山三将のブログ コメントをどうぞ