完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

女性特有の症状(生理痛、生理不順)と整体

生理痛と整体

女性のほとんどが生理痛を経験しています。
ひどい人は会社や学校を休んでしまう場合もあります。
生理痛は、女性が40年間も付き合わなければならない試練です。

厚生労働省のデータによると、生理痛で辛さを感じる症状の
ランキングは下記のようになっています。

  • 1位 腹痛・・・67.3%
  • 2位 腰痛・・・46.3%
  • 3位 全身倦怠・・・36.3%
  • 4位 イライラ・・・35.5%

このページでは生理痛になるメカニズムと原因を解説し、
整体でどのように生理痛に介入できるか、ということをお話しさせていただきます。

生理のメカニズム

①脳にある「視床下部」というところから卵胞刺激ホルモン放出ホルモンが出て、
眼球の後ろあたりにある「下垂体」という場所に刺激を与えます。

②「下垂体」から卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンが、
血液の流れに乗って「卵巣」にたどり着き、
女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを分泌します。

③これらのホルモンは子宮内膜を増やし、妊娠しやすい環境を作りますが、
妊娠しないとホルモンの量は減り、子宮内膜が剥がれて「生理」となり、
血液と一緒に排出されます。

④「卵巣」から「視床下部や下垂体」に、
常に身体に適量のホルモンが出るように連絡します。

このホルモンの働きが身体のどこかでうまくいかなければ、
生理不順や無排卵の原因になります。

生理痛の原因

生理中は腰痛や膝痛、頭痛や肩こりなど、関係なさそうな場所が痛くなります。

生理前になると卵巣から、リラキシンといわれるホルモンが分泌されます。
リラキシンの作用は関節を緩めることです。
リラキシンは主に、妊娠中や産後に分泌されて、骨盤にある恥骨結合を緩め、
出産時に赤ちゃんが出てきやすい環境を作ります。

リラキシンは主に靱帯を緩める作用がありますが、
骨盤の周りには靱帯がたくさんついています。
靱帯が緩んで身体が安定しなくなると、身体は筋肉に頼ります。

するといつも以上に筋肉にストレスがかかり、
筋肉が硬くなってしまってコリや腰痛の原因になります。
さらに、腰の筋肉は頭や肩にもつながりますので頭痛や肩こりが出てしまうのです。

生理時にも、このホルモンが出て骨盤周りが緩みますので、
肩こりや頭痛、腰痛が出やすくなります。

プロスタグランジンと生理

生理中には、プロスタグランジンという生理活性物質が出ます。
この作用は、子宮を収縮させて子宮内膜がはがれる時の経血をスムーズにしてくれます。
身体にとっては必要な物質ですが、プロスタグランジンには痛みを誘発する作用もあります。

例えば、姿勢のアンバランスがあると内臓も歪んできます。
子宮の歪みがあると子宮は硬くなります。

出産経験がない女性や10代の女性は子宮が十分に発達していない為に、
子宮を収縮させようとプロスタグランジンが多く出てしまい、痛みが出てしまいます。
プロスタグランジンは、頭痛や胃の痛み、吐き気の原因にもなります。

冷えと生理痛

女性の不調で多い、冷えも生理痛の原因になります。
女性は男性に比べて筋肉量が少ないので筋肉で血液を押し上げるのが難しいです。

冷えになる原因には、下記のようなものがあります。

  • 姿勢のゆがみ
  • デスクワークなどの同じ姿勢をしている事が多い
  • 運動不足
  • 食生活の乱れ
  • クーラーのあたりすぎや薄着

身体が冷えると血液の流れが滞り、血液中の酸素や栄養素が全身に行き渡らなくなり、
生理に関わる子宮や卵巣などの臓器の働きが低下します。

ホルモンは血液に流れてこのような臓器に指令を送りますが、
冷えで血流が悪くなるとホルモンのバランスが乱れますし、
痛みの物質であるプロスタグランジンや老廃物が溜まり、
痛みを引き起こす原因になります。

また、内臓が元気に動いてくれていると熱を産生してくれます。
横隔膜が働いていれば、呼吸で内臓をマッサージしてくれますが、
自律神経が乱れて交感神経優位になると呼吸が浅くなり、
熱の産生がうまくできなくなります。

ストレスと生理痛

生理痛の引き金として最も多いのがストレスです。

ストレスには、下記のようなものがあります。

  • 精神的ストレス(悩みや不安、怒りなど)
  • 心体ストレス(怪我や病気、肩こりなど)
  • 科学的ストレス(煙草や薬、食品添加物の摂取)
  • 環境ストレス(温度差や湿度)

ストレスを感じると、呼吸や内臓・血管などの動きをコントロールし、
体内環境を整える神経である自律神経が乱れてきます。
自律神経はデリケートで、ストレスに弱いのです。

生理に関わるホルモンは脳の視床下部から出ていて、下垂体と連携していますが、
ここは自律神経系の中枢でもあるので、身体にストレスがかかると影響を受けます。

副腎と生理痛

副腎とは、左右の腎臓の上にあるホルモンを分泌する臓器です。
副腎はストレスに対抗するためのストレスホルモンを産生する臓器です。
この副腎の働きが低下するとストレスに対抗できなくなります。

人間が長時間ストレスにさらされると、
視床下部が刺激されストレスを受けた指令が副腎に伝えらえます。
すると副腎はアドレナリンやコルチゾールなどのホルモンを分泌します。
これらのホルモンは血管収縮、血圧を上昇、体温を低下させます。

すると呼吸が浅くなり、
消化や免疫は逆に一時的に低下し、
排泄機能低下も起こり、血液の状態悪化。
骨盤内の血液循環が悪化し、充血を起こします。

子宮筋膜への血液が行き渡らずに、脳へ酸欠している事を伝えますが、
このときに痛みの物質であるプロスタグランジンを出します。
すると痛みが増します。

副腎は、少量ですが女性ホルモンを分泌する役割も持っています。
しかしストレスがかかるとストレスを回避するコルチゾールを作る方を優先するために、
女性ホルモンの産生は後回しにされるので、女性ホルモンの分泌量が少なくなります。

特に更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が弱ってくるので副腎に頼ってきます。
ストレスが多いと副腎の機能に頼る事ができなくなります。

プロゲステロンは子宮内膜を厚くするエストロゲンに、
これ以上は厚くしなくても大丈夫と働きかけてくれます。
プロゲステロンの働きが悪いと、子宮内膜は厚くなりすぎてしまい、
そのぶん、生理での経血が増えてしまいます。
すると、プロスタグランジンの量も増え、生理痛が悪化してしまいます。

整体サロンnaturaにできること

1.ホルモンのバランスに関わる施術

卵巣、子宮、副腎(栄養血管、副腎実質)など、生理に関わる臓器の治療をすることで、
これらの臓器に柔らかさを出してホルモンバランスや血液循環を促します。

これらの臓器がうまく働かない原因が身体のどこにあるのかを、
全身を治療して全身のバランスをとり、姿勢を正します。
そうすることで骨盤底筋、横隔膜、腸腰筋などの深層筋が働きやすくなる身体の土台を作ります。
隔膜の働きがよくなり、全身の循環がよくなります。

身体のゆがみがあると、内臓もゆがんでしまい、
臓器に血液がいかなくなるので、本来の機能がうまく働かなくなります。
ゆがみを正すことで、臓器が働きやすくなります。

また、隔膜自体にもアプローチすることで体内に内圧差ができ、血液を心臓まで押し上げてくれます。
横隔膜が働けば、ポンプ作用で内臓のマッサージが出来て熱の産生となり、体温が上がります。

2.自律神経を整える施術

自律神経は交感神経と副交感神経からなりますが、
必要に応じてこの2つの切り替えができなければなりません。

生活指導

  • チョコレートの食べ過ぎ
  • コーヒーやコーラーなどのカフェインの飲み過ぎ
  • 睡眠不足

このように様々な面から生理痛の原因を考え、施術を行っていきます。
また、女性施術者もいることから、男性が苦手という方でも、
安心して相談や施術を行うことができます。

生理不順と整体

生理不順とは、25~38日という正常な生理周期を外れて、
周期が長くなったり短くなったりするものです。
具体的には、24日以内、39日以上の間隔で生理を繰り返す場合や、
毎月長くなったり短くなったりすることをいいます。

生理不順は女性特有の悩みです。
特に妊娠を希望されている方は、生理周期を気にされていると思います。

生理になるメカニズムには、ホルモンが関係しています。

まず、脳にある「視床下部」というところから卵胞刺激ホルモン放出ホルモンが出て、
眼球の後ろあたりにある「下垂体」という場所に刺激を与えます。
次に「下垂体」から卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンが、
血液の流れに乗って「卵巣」にたどり着き、
女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを分泌します。

これらのホルモンは子宮内膜を増やし、妊娠しやすい環境を作りますが、
妊娠しないとホルモンの量は減り、子宮内膜が剥がれて「生理」となり血液と一緒に排出されます。

今度は、「卵巣」から「視床下部や下垂体」に、常に身体に適量のホルモンが出るように連絡します。
このホルモンの働きが身体のどこかでうまくいかなければ、生理不順や無排卵の原因になります。

頭蓋骨や卵巣の硬さによる影響

ホルモンが脳や卵巣から出ていることや、血液の流れに乗って身体の器官に運ばれることを考えれば、
頭蓋骨や卵巣が硬いことや、血行不良が考えられます。

頭蓋骨は22個の骨が複雑に組み合わさっています。
骨盤や股関節のゆがみ、捻挫や怪我による後遺症があると、
全身のバランスを取るために頭蓋骨もゆがんできます。

するとホルモン分泌が行われる「視床下部」や「下垂体」に圧迫を与えてしまい、
ホルモン分泌がうまくいかなくなってきます。

血行不良による影響

内臓はきちんと動いていると体温を上げてくれる働きがあります。
しかし身体のどこかにゆがみがあると、内臓にねじれが出てきて、
硬くなって働きが悪くなり、体温を上げられなくなります。

また、身体のねじれにより血管を圧迫して血行不良が起きてきます。
卵巣も血液によりホルモンのサインを受け取るので血流は重要です。

ストレスによる影響

生理不順や不妊で悩み、病院を受診すると「ストレス」が原因と言われたことはありませんか?
精神的なストレスが原因で、ホルモン分泌に影響を与え、生理不順を起こすことは最も多いです。

強くストレスを感じてしまうと一時的な生理不順を起こしますが、
生理周期が乱れたままにしておくと、更年期障害が早く出てきたり、
不妊の原因になってしまう可能性があります。

心と身体にはつながりがあります。

恐怖感や緊張感、怒りや悲しみ、過去のトラウマなどのストレスを人は脳で感じ、
身体が受け取れる場所(器官)へその感情を渡してしまします。
それが卵巣など、生理に関わる身体の臓器に渡されると、生理に影響が出てきます。

整体サロンnaturaでできること

当整体サロンでは骨盤だけではなく、頭蓋骨、他の内臓との関係、
血液の流れを良くしていくことで生理不順を改善していきます。
その他にも生理痛、便秘、冷えなどの問題も同時に解決していきます。

また、女性特有の症状はホルモンバランスは自律神経と大きく関与します。
なので、生活習慣の見直しがとても大切になってきます。
生理痛は前1ヶ月の食事や生活リズムの見直しで症状が軽くなりますし、
冷えは運動習慣や身体を冷やす食生活の見直しでさらなる改善が見込めます。

しかし、どうやって生活習慣や食生活を見直せばいいか、わからない方がほとんどです。
整体サロンnaturaでは、施術に加え、生活指導も行いながら解決していきます。

あなたが悩んでいる症状はどれですか?

お客様の声