完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

プロフィール

平山 三将

natura代表

平山 三将

Kazumasa Hirayama

セラピスト
理学療法士
SPEC Performance designer

1984年3月23日生まれ
血液型はA型

インスタグラム

好きなこと
サイクリング、読書(年間150冊以上)、海でのんびり、シュノーケル、
カフェでコーヒーを飲む、犬と遊ぶ、南の島に旅行
苦手なこと
タバコの煙、陰口をいう人、寒い季節、やると言いながらなかなかやらない人
性 格
おだやか、のんびり、こだわりが強い、やると決めたらやる

はじめまして。整体サロンnaturaの代表をしています平山三将です。名前が特徴的で「さんしょう」「みつまさ」と呼ばれることもしばしば。正解は「かずまさ」。字のごとく三番目に産まれたのです。

趣味はシュノーケル、スキンダイビング、キャンプ、山登り、南の島に旅行、読書。キャンプは去年から初めて九州各地や沖縄、静岡、長野などでキャンプをしています。最近よく見るオシャレキャンプではなく、最低限の荷物で自然を楽しむ自然派キャンパーです。あと南の島に年に2回は行って、妻とシュノーケルやスキンダイビングを楽しんでいます。

性格は穏やかでのんびり屋、しかしやる気モードにスイッチが入ると目標を達成するまで動き回らないと気が済まない。なのでのんびりが7割、せかせかが3割くらいのハイブリッド型の人間です。

祖父の死をきっかけに治療家の道へ

私は小学生、中学生時代は将来の夢は獣医さん、治療家になろうと思ったのは高校生の時、大好きな祖父が癌で亡くなったことがきっかけです。そのとき自分に何も出来なかったことが心残りで医療の道へ進もうと決心し、理学療法士の養成校へ入学しました。

学生時代はつい遊びやバイトに明け暮れてしまい、3年生の時に実習で不合格となり、国家試験を受けられなくなるという大きな挫折を味わいます。しかしこの挫折をきっかけに、また一から猛勉強。解剖・生理・運動学などの基礎的な部分の大事さを再認識し、身体の面白さにハマっていきました。

この頃は休みの日になると1日10時間以上勉強していましたが、不思議と苦ではなく、勉強が楽しいと思えるのははじめてで、この経験がなかったら今の自分はないと思えるくらい大きな財産になりました。また、この時に支えてくれた友人も、今でも私の財産です。

整形外科病院・クリニック時代

2005年に晴れて理学療法士となり、まずは整形外科病院で3年、その後は整形外科クリニックで7年、腰や膝が痛い方、肩が痛くて動かせない方、事故にあった方、自律神経系の症状の方など、幅広く見させていただきました。

この時は一人暮らしということもあり不摂生がたたり腸炎を2度、ギックリ腰を1度したりして体調不良も度々経験していました。さすがにこれではいけない、もっと地に足の着いた生活をしないといけないなということで理学療法士になって3年目の終わりに福岡県二日市から実家のある北九州に帰ることになりました。

この頃から患者さんの想いに答えたいという思いと自分の腰痛や頭痛、鼻炎などを治したいという思いで様々な講習会に足を運ぶようになりました。オステオパシー、カイロプラクティック、筋膜リリース、オカルトチックなものから日本伝統の治療法まで学びました。それを続けること数年、治療を学んでいるうちになんと自分の腰痛、頭痛、鼻炎が治ってしまったのです。

そして今から6年前、自分の在り方を変えてくれた師匠と出会い、今までの治療方法や考え方がガラリと変わりました。この頃から人間の持つ身体の可能性に気づき、自分の考え方で施術できる治療院を作りたいと強く思うようになりました。

wakaba整体院の開業、そしてnaturaへ

2015年7月、私の考え方や生き方に共感してくれる妻と二人でwakaba整体院を開業。入り口は分かりにくく、2階で怖い階段もあるという優しくない立地の中、たくさんのお客さんに来ていただきました。

看板も出さず、インターネットとチラシから不安もある中で、本当によく来てくださったと感謝しかありません。階段があって来院できないというお話や、駐車場が不便だというお話をお聞きし、2017年5月にここ苅田町へ移転しました。

新しいお店は古民家を購入し、内外装をリノベーションしています。雰囲気もずいぶん変わりました。私たちの気持ちも一心するという意味も含めて、屋号も「整体サロンnatura」に変えました。wakaba整体院も整体サロンnaturaも、どちらも「自然」をイメージしてつけたものですが、naturaはより大きな自然、自然の循環という意味合いを持っています。

今までどこに行っても治らなかった方が改善していく様子を見ると、本当にこの仕事をやっていて良かったな、幸せだなと感じます。整体を当たり前に、カラダを整えるのが当たり前になるように、そして皆さんの健康観を変える整体サロンになり、来ていただいた方の人生が豊かになるよう、常に改善・進化していきます。

平山 愛子

natura副代表

平山 愛子

Aiko Hirayama

セラピスト
理学療法士
SPEC Performance designer

1985年2月6日生まれ
血液型はA型
動物占いは狼

インスタグラム

好きなこと
サイクリング、散歩、キャンプ、カメラ、沖縄の海で遊ぶこと
嫌いなこと
決めつけること
性 格
マイペース、これと決めたら変えないこだわり屋

施術家を目指した理由

子供の頃からの悩みだった頭痛、交通事故の後遺症で残ってしまった背中の痛みや自律神経症状などが整体を受けて良くなったことがきっかけです。

いろいろな職種がある中、身体の基礎をしっかりと学べる理学療法士を選びました。

自律神経専門の整体にこだわった理由

自分自身が子供の時から頭痛持ちだったこと、ストレスをためやすく環境の変化やその時の自分の状態がそのまま体調に出ていました。検査では問題もなく、この不調はどこからくるのだろかといつも不安がありました。

理学療法士として働きだした時には体調が良くないと集中力や記憶力が悪くなり施術の質に影響することに気づき、自分で何かと調べていくうちに、常に自律神経を乱していることに気がつきました。そんな時、身体の潜在意識や身体感覚について学ぶ機会があり感銘を受けます。

実践していくうちに体調のコントロールができるようになって、施術への考え方や思い入れも変わっていきました。また、これらを学び経験するうちに、なぜ今までいつも体調が悪かったのか、自律神経を乱してしまうのかということも理解できるようになり、身体に対する不安もなくなっていきました。

このような視点になってからは、クリニック勤務時代になかなか良くならなかった方々が、同じように自律神経を乱しているケースが多かったことに気づきました。

そうした経験から、自律神経を視野に入れた施術をしていきたい、そして本来人が持つ身体の機能を最大限に引き出せる施術をしていきたい、と考えるようになりました。結婚を機に、共通の価値観や考え方を持つ夫と共に、自費診療の整体院を開業しました。

施術の時に気をつけていること

まずは自分のコンディションを整えること。自分の身体の力みや体調不良は不思議と相手に伝わりますし、原因の見え方が鈍くなったりなど施術の質に影響してきますので、ベストなコンディションを心がけています。

施術前は、身体を整える体操(骨・筋肉・内臓をゆるませて意識する)を行い、身体の軸を整えています。日常ではストレスや疲労を溜め込んだままにしないこと、施術に必要な身体イメージを持つ為にできるだけ身体を動かすことを心がけ、感覚を磨くようにしています。

整体サロンnaturaへの想い

院長と私は過去に自身の身体の不調に悩んだことや、理学療法士としての経験から「こういう施術を提供していきたい」という思いで2015年に整体サロンnatraを立ち上げました。小さなサロンを見つけて下さり様々な方にご利用いただく中で、自分たちの枠を越え色々な視点から勉強させてもらっています。

まだまだ整体は認知されておらず整体って何?と思われる事が多く、一般的にはわかりづらい治療法だと思います。

今は1つの症状をインターネットで調べると多くの情報が手に入り、自分には何が必要なのか、どんな方法を選べばいいのか、情報が多すぎて逆に苦しんでしまうことも多くなっています。

様々な治療法がある中のひとつに整体という選択肢があります。自分に合うお店や治療法に出会えることはとても幸せなことだと思いますし、よくなるのであれば、その方法が何であってもいいと思っています。個人的にはそのきっかけが整体であること、またnaturaであってもらえると嬉しいです。

自分たちにできることはnaturaでお力になれることを年々増やし続けること、それを届けられるように発信をすること。多くの方に整体の可能性を伝えられるようにという思いでいます。

ホームページでは、日々施術をさせていただく経験を形にしてお伝えしています。施術を受けてみたいけどどうしよう?とお悩みの方もいるかと思いますので、ゆくっりとホームページを見ていただき、ご検討いただけたらと思います。必要な方に、必要な時に、選んでいただけると幸いです。