完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

naturaの整体

自律神経を整えて、カラダを整える。ボキボキしない、ソフトな整体です。

naturaの整体

治すのではなく、治るカラダへと変えていく。

naturaの整体は、カラダの土台となる自律神経をしっかりと整えたうえで、
根本的に症状を取り除いていける施術に重きを置いています。
オステオパシーの原理・原則に基づいて「自然治癒力」を引き出き、
自分の力で自分自身を治すカラダへと変えていきます。
派手にボキッと鳴らしたり、グイグイ押したり、強くもんだりする施術とは異なります。

カラダの歪みを整え、体液(血液・リンパ・脳脊髄液)の流れを良くし、
氣の流れを良くすることで全身の循環を促していきます。
施術しているとお腹がポカポカしてきたり、足が温かくなってくるのが分かります。
内臓が動き出し、お腹がグルグル鳴りだすので、驚かれる方もいらっしゃいます。

自律神経症状が出ている方のほとんどは「頭蓋骨」「内臓」「脊柱(特に頚椎・仙骨)」
に問題があることが分かっています。
整体でこれらを整えることで、自律神経をコントロールすることが出来ます。

naturaの整体
naturaの整体
naturaの整体
naturaの整体

通院期間と回数について

長い年月、悪い状態が続いた身体は「異常が正常」と勘違いして脳が記憶していますそのため、
整体をした後、楽になっても元の悪い状態に戻そうとします。(リバウンド)

4~5回の施術で全身の血液の循環が良くなり元に戻りにくくなるので、
当院では4~5回目(個人差があります)までは、
間隔を詰めてご来院していただく「初期集中施術」をおすすめしています。
(治療を続けていく場合、この期間は時間を作ってください)

目安として1週間に1回を4回、2週間に1回を4回、計3ヶ月です。

一概にこの期間施術したからといって改善していくとは限りません。
良くなってくれば、2週間に1回、3週間に1回と間隔をのばしていきます。
もっと良くなれば、月に1回ぐらいの「メンテナンス施術」で健康維持をおすすめしています。(希望時のみ)

整体は一度で治すためのものではなく、身体が治る状態へと整えるためのものです。
長年の不調、反応が出づらい方は集中治療期間を伸ばすケースもございます。
その都度身体の状態を確認し、相談の上で決めていきます。

整体サロンnaturaの方針

私たちは整体の可能性を信じ提供させていただいています。
整体の適応は幅広く、本人の意思があればどんな症状でもお引き受け致します。
しかし、時として全く手応えのない場合、これ以上施術しても変化が出ないと思うケースもあります。
その際は背伸びして施術を継続するのではなく、力不足を認め、
他の医療機関をご紹介させていただきます。

SPECとは

naturaでは、SPECの視点から身体を見て施術したり、エクササイズも取り入れています。
SPECとは、スポーツ動作特性(Sports Performance Characteristic)の略であり、
人が持つ動きに対する反応性(動作特性)に着目したボディワークです。

人には力が出やすくなったり、身体を柔らかく使えたりする「その人に合った動き」があり、
また逆に身体が硬くなり、力が出にくくなる「合わない動き」もあります。

SPECでは、その人がどういった動きに合う「身体の性質」を持っているのか評価し、
合わない動きをしてしまう部位、そしてその原因を見つけ出し、施術とエクササイズで解決していきます。
そして「合う動き」ができる身体の使い方を獲得し、ケガなく安全に、
持っている力を発揮できる身体状態になることを目指していきます。

>> 詳しくはこちら

SPEC創始者 平澤 秀司 先生 推薦の言葉

SPEC創始者 平澤 秀司 先生

SPECは「体の使い方」を通して、その人が本来持つ機能を取り戻すことを目指すボディワークです。体の声を聴き、寄り添っていくことを大切にしています。

平山三将さん、愛子さんは、SPEC認定資格取得後も積極的にコースに参加し、手技の研鑽に努めています。その中の実技でも、技を押し付けるのではなく、体と会話しながら、より良い方向に導こうとする姿勢が伝わって来ます。

臨床においても、アップデートし続けている知識と技術で、本当の問題点を見つけ出し、的確に解決していくものと確信しています。

SPEC公式ブログ

http://ameblo.jp/lawofnature/

オステオパシーとは

オステオパシーは、1874年にアメリカ人医師のアンドリュー・テイラー・スティルによって発表された徒手医学です。骨格などの運動器系、動脈、静脈やリンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、広範囲の医学知識をもとに、手を使って治療を加えます。

オステオパシーとはひとつの哲学であり、以下の4つの原理のもとに成り立っています。

  • 身体はひとつのユニットである。
  • 人間は自然治癒力・自己調整機能をもっている。
  • 機能と構造は関連している。
  • 合理的な治療は以上3つの原理に基づいて行われる。

三軸理論とは

高岡英夫が人間の身体と精神の両方に影響を与える「身体意識」というものを提唱しました。
あのひとにはセンスがある・・・と言われるのは、この身体意識の形成によるものがあります。
身体意識を形成するうえで一番必要な脱力や、意識の持ち方なども指導します。