完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

自律神経ってなに?

自律神経の細かい働きや解剖については
自律神経失調症のページに書いていますので、
ここでは下記の4つのテーマから
自律神経への理解を深めていただければと思います。

自律神経が整うとなぜ痛みや不調が良くなるのか

自律神経というのは、皆さんが経験したことのある
肩こり、腰痛、頭痛などに必ず関係しています。

自律神経というのは字のごとく、自分を律する神経です。
自分のあらゆるものを律する、つまり制御している器官です。
自律神経が乱れると血圧が上がったり、筋肉が硬くなったり、
内臓が正常に働かなくなったりと自分の体を制御することができなくなります。

その結果、肩こり、腰痛、頭痛などの痛みや動悸、
めまいなどの心身の不調としてあらわれます。

下の図を見てもわかるように自律神経とは身体の土台であり、
この土台が崩れることによって痛みに限らず、全身の様々な不調が出てくるのです。

逆にいえば中心となる土台がしっかりしてくると、
身体のバランスがとれ、痛みや不調がなくなってきます。

では、土台がしっかりするとはどういう事かというと、
自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが取れている状態です。

自律神経というのは24時間休まずに、
呼吸、血圧、筋肉の緊張、内臓の動きなどを全て制御していています。
自律神経が正常に働いてくれれば24時間常に身体に血液を巡らせ、
呼吸を整え、内臓を動かしてくれるのです。

この状態が「自然治癒力が働いている」状態です。
つまり土台がしっかりしている身体です。

私たちが行っている施術というのは、自律神経を整え、
自然治癒力を引き出してあげることで身体を治癒に導きます。

ただ自律神経というのは無意識に調整されています。
それ故に自分でどうなっているかを把握しづらく、
さあ自分で血圧を下げよう、腸を働かせよう、筋肉を緩めようと思っても出来ないのです。
なので多くの人は症状がひどくなるまで気付きにくく、慢性化させてしまいやすいのです。

自律神経が正常に働いていない状態が慢性化してしまうと、
高血圧や高脂血症、動脈硬化になり、これを放っておくと
心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞などの器質的な疾患に繋がっていきます。

身体というのは大きな病気にならないよう、
事前に肩こりや腰痛、頭痛などの痛みや、
体の不調として知らせてくれています。

しかし多くの方は薬を飲んだり、湿布を貼って誤魔化して、
せっかく身体が教えてくれているサインを無視しているのです。

整体で自律神経を整えるには

自律神経というのは頭蓋骨、背骨、骨盤のバランスが整う事で正常に働くようになります。
施術ではこのバランスが取れない原因を探し出して治療していきます。

肩こりという症状ひとつをとっても、筋肉を柔らかくすればいいわけではありません。
なぜ筋肉が緊張する必要があるのか?を診ていく必要があります。

肩・首の関節の問題、血液やリンパの流れなど循環の問題、呼吸の問題、
背骨の問題、内臓の問題などが複雑に絡みあっているかもしれません。

自律神経を整え、自然治癒力を働かせるには、
パズルを解くように様々な問題を解決して行く必要があります。

ルービックキューブでいうと1つの面の色だけを揃えるだけでなく、
6面全ての色を揃えて行く必要があるのです。

自律神経を整えるのは簡単なようで難しい

先程も書いたように自律神経というのは、
無意識に働いているため自分で整えようと思っても難しいのです。
意識して整えようとすると身体が力みますし、
逆に悪くしてしまう可能性もあります。

自律神経失調症または自律神経に問題があると言われた人で、
「リラックスして下さいね」と言われてリラックスするように心がけたけど結果が出ない、
でも自分でどうしていいのかわからないという人も多いのではないかと思います。
その焦りや不安から精神的な緊張状態を作ってしまい、
余計に自律神経を乱す方向にもっていってしまう悪循環になることも多いのです。

よく、自分でできる方法を教えて欲しいと聞かれるのですが、
一度バランスを乱した自律神経は、専門家に客観的に身体の状態を診てもらい、
リセットすることをオススメしています。

自律神経が乱れるというのは、いわば身体の土台が弱くなり自然治癒力が働きづらくなっています。
もちろん自分で整えられる方ならそれでいいのですが、ほとんどの人がそうではありません。
どうしたらいいのか迷ううちに遠回りしてしまうこともあります。

一度自律神経が整う状態にリセットして、
スムーズに働く状態に整えることが望ましいですし、
一見遠回りのようで一番の早道なのです。

自律神経を整体で整えるメリット

自律神経は生きていく上で必要なものを司る非常に重要な神経でありますが、
環境の変化やストレスの状態、季節や気温の変化などにも
非常に敏感に反応する繊細な神経です。

人はどんな環境の中でも生きていかなければならない為、
身体の状態を一定に保つ必要があります。
その調整をしているのが自律神経なのです。
先ほどもお話した通り、これらは私たちの意思で行っているものではなく、
身体が無意識に調整しているものです。
とても私たちの意思が及ばない「人が本来持つ身体の機能」なのです。

自律神経は客観的に評価することが難しく、
何をもって良い悪いを判断したらいいのか分からなくなります。
また一度精神状態が悪くなると悪い部分に注目してしまい、
良い方向に向いていてもまだ悪いと自分で決めてしまい、
自分自身で治癒力を止めていることもあります。

私たちは自律神経専門の整体を始めて5年目になりますが、
様々な方の身体を見させていただきました。
その中で背骨や呼吸の状態を評価し、
この状態だったら自律神経が正常な範囲で働いているという判断ができます。

客観的な判断が難しい自律神経だからこそ、
客観的な指標を持っている施術者の施術を受け、
自分の身体が今現在どのような状態であるかをわかることは
とても重要なことだと考えています。

そうすることで、今出ている症状がどういうものなのか、どのくらいで落ち着くのか、
又病院などの医療機関で診てもらうほうが適しているのかをアドバイスすることができます。
自分の身体の状態を客観的に把握していくことは精神的な安定にも繋がりますし、
自分自身の状態が把握できるだけで、治癒力にスイッチが入る場合もあります。

このホームページを見て頂き、こんな治療法もあるのだなと、
整体の可能性を感じて貰えると嬉しく思います。