完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

「今すぐ」をやめればカラダは良くなる

いまのカラダは、今までの積み重ねで出来ている

いまのカラダは、今までの積み重ねで出来ている

「今すぐに治して!」「今すぐに効果は出ないの?」
そう思われる方は多いと思います。

私も治療家じゃなかったらそう思います。しかしどうでしょう。カラダというのは今までの積み重ねで現在のカラダになっています。今すぐに・・・というのは、その積み重ねを一気に解きほぐすという事なのです。

今までの積み重ねとはカラダの癖だったり、考え方だったり、物の捉え方だったりします。カラダが変わるというのは、そういう見えないものも変化するということなんです。これを「今すぐに」というのは無理な話ですし、自分自身のカラダにも失礼だと思います。

人のカラダはそんなに簡単には変えられない

私は「今すぐに~できる」と言われると、どうしても胡散臭く感じます。
今すぐにできるものとは表面上を取り繕ってできるものなんです。

真にものを変える時というのは、大変な苦労が伴います。
人が簡単に性格を変えられないのと同じで、人のカラダというのも簡単に変えることはできません。
その時はいいように思えても、またすぐに元に戻ります。

便利になればなるほどイライラする?

便利になればなるほどイライラする?

「今すぐに」に共通しているのは、お手軽にできるという事です。現代は車や電化製品など、なんでもピッと押せばスイッチが入って後は自動でやってくれます。昔のように洗濯物を川まで持っていき、ゴシゴシ洗う必要はありません。ロウソクに火をつけて明かりを確保するということもありません。

全てが便利になりすぎて、それが当たり前になっているんですね。当たり前だから逆にそれがないとイライラしたり、自分でその作業をするのが嫌になるんです。

昔の人は不便だったけど、今よりも幸せだったんじゃないかなあと思います。だってイライラする必要がないから。

便利っていうのは良いことですが、それによって不必要な感情を生み出したり、今までにない病気を生み出すきっかけになっているような気がします。

心の持ち方で、カラダも良い方向に変わる

また「今すぐに」という人は、大抵気持ちの面でも余裕がなく、呼吸が浅く、
交感神経優位で全身を固めている人が多いように感じます。
こうなると全てが悪循環に陥ってしまいます。

治らなくて焦る気持ちはわかりますが、「今すぐに」という気持ちを捨て、
自分のカラダの癖や思考の癖を認めてあげて、カラダの変化を楽しむことができるようになると
呼吸が深くなり、全身が緩んでいくのです。

そんな事で本当に違うの?と疑問に思われるかもしれませんが、心の持ち方で効果は大きく異なります。
実際にカラダが変化してきたなあと感じる時は、その人の雰囲気や喋り方、見た目全てが変わってきます。
実は痛みが取れるよりもずっと大事な事なんです。

なぜ大事かというと、心の持ち方が変われば物事の受け取り方も変化するからです。
カラダは様々な感情や情報を敏感に感じ取って固まったり、緩んだりしています。
心の持ち方が変わり、今までストレスやマイナスに感じ取っていたものがそうではなくなるだけで、
カラダは固まる必要がなくなり、すごくラクになるのです。

心に余裕を持ちましょう

心に余裕を持ちましょう

今は時代の流れでお手軽感が重視されていますが、それがカラダに出てしまっている方が多いと感じています。特に子供は素直な分、顕著にカラダに出てきます。

逆に面倒くさい事の過程や、何かを成し遂げる時の過程を楽しむ心の余裕を持つことが、今こそ必要になってきているんじゃないかと考えています。