完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

ブログ

2017年4月の記事

子供の自律神経障害と整体

最近、自律神経が乱れることで体調不良を感じる子供が増えています。
当整体サロンでも原因がわからない体調不良で来院される小学生、中学生が多く来院されます。

 

症状としては
・朝礼などで立っていると、立ちくらみや貧血を起こす
・過呼吸になり息が苦しくなる
・急に立ち上がるとクラクラする
・頭痛、吐き気で学校に行けない
・肩こり、首こり、背中や全身が固い
・朝から身体が重たい、眠りが浅い
・便秘や下痢を繰り返す
・成長期の時期なのに体重が増えない
・疲れやすくて通学は自転車で通えない
・自律神経が乱れていると言われたけれど、どうしていいのかわからない

などがあります。

 

なぜ10代のこどもが、このような自律神経の乱れによる症状がでるようになったか?

それは現代の食生活や環境がおおきな原因になっています。

 

甘いものの過剰摂取や添加物の入った弁当などが手軽に手に入るようになった今、食生活は大きな問題の一つです。
また、冷暖房完備の生活でどこもかしこも「夏は涼しく、冬は暖かい環境」が用意されています。
そのおかげで自律神経を働かせ、暑くなったら汗をかいて身体の熱を外へ逃がす、寒くなったら筋肉をブルブル震わせて熱を生成する。
こいういった体温調整機能を働かせなくてよくなっているので、子供の頃から自律神経をうまく切り替えることができずにいるのです。

 

またスマートフォンやパソコン、ゲームを長時間することで電磁波の影響を受け自律神経の乱れに繋がる場合もあります。

 

 

自律神経症状の出ている子供の特徴

・頭蓋骨が硬く、動きがない
・呼吸が浅く脈が早い
・背骨、特に胸椎が硬く、交感神経過敏になっている
・姿勢が悪い
・内臓が硬い
・全身の筋肉の緊張が高く身体が固い
・顔色が悪くて元気がない
・早口だったり落ち着きがない

ということが挙げられます。

 

 

整体サロンnaturaでできること

頭蓋骨、背骨、内臓を調整し自律神経のバランスがとれるようにしていきます。

そうすることで全身の緊張が下がり、大きく深く呼吸ができるようになり、精神的にもとても楽になります。

 

スマホやパソコン、ゲームなどを長時間している場合は少なくしていただいたり、食生活で問題があれば指導もさせていただきます。
子供は自己治癒力が高いため、早めに対処することで回復度合いも早まります。
薬は自己治癒力を下げ、負のスパイラルに陥ることにつながりかねないので、まずは身体を整えることで自律神経のバランスをとるということをお勧めしています。

 

子供の自律神経症状でお悩みの方は一度ご相談ください。

 

合わせてこちらもご覧ください。

起立性調節障害と整体

Posted in 子供の自律神経障害, 症状別 コメントをどうぞ

移転リノベーション経過⑤

移転リノベーション経過です(^ ^)

施術室の窓は障子をリメイクしてくれていました。

 

自然光が入ってきて明るい空間になりました。

ブラインドどうしようか?と下見に行く前に寸法を測りに来てみたら、まさかの障子リメイク。感激。

何も言わずとも私たちの思いをいつも形にしてくれる中原工務店の親方。本当に感謝、感激です。

こちらは施術室の入り口です。

 

トイレのドア。

玄関。

今回、少し目印の看板を作っていただきました。夜はライトで照らすので、今の店舗よりもわかりやすくなると思います。

 

行橋の営業は残り4日となりました。リノベーション経過をブログでアップさせていただくのは、これで最後になると思います。

移転日前後に施術周期がくるお客さんは

新しいところへ行きたいと言っていただき、迷わず5月最初にご予約をされています(笑)

ぜひ楽しみにしていてください(^_^)

Posted in naturaのこと コメントをどうぞ

自律神経失調症と整体

なぜ、多くの方が自律神経失調症になっているのか?

 

それは現代の社会が作り出していて、自分一人の力ではどうしようもない様々なストレスがあるからです。

ストレス社会と言われる現在、健康づくりの問題は、ストレス抜きでは語れないというのが実情です。そのせいか、新聞や雑誌などでは、必ず『ストレス解消法』や『ストレス克服術』といった特集が組まれています。

 

・休んでも疲れがとれない
・眠れない
・朝、起きるのがつらい
・感情をコントロールできない
・物事をマイナスに考えてしまう
・些細なことで怒りやすい
・食欲が出ない
・食欲が止まらない
・動悸がする
・息苦しい
・いきなり汗をかく
・風邪を引きやすく治らない
・一年中体調が悪い

 

などの症状がある方はなにかしら自律神経に問題があると考えられます。

 

心療内科に行ったけど薬を処方されて終わり、こんな症状誰に相談していいかわからない
、病院にいっても異常がないと言われる、いろんな健康情報を試してみたけど効果がないなど、自律神経の問題を抱える人は一人で悩んでしまいがちです。

 

自律神経症状が出ている方のほとんどは頭蓋骨、内臓、頚椎、仙骨、脊柱に問題があることが分かっています。

 

整体サロンnaturaでは頭蓋骨、内臓、仙骨、脊柱を整えることで自律神経をコントロールすることが出来ます。

 

 

そもそも自律神経とは何か

 

呼吸・内臓の働き・循環・体温調節・ホルモンの調整など、人間が生きていく上で欠かす事のできないものをコントロールしています。

そして自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」という2種類から成り立ちます。

 

交感神経は、車でいえば「アクセル」です。この働きが上がると、血管が収縮し、血圧が上がり、気分がアクティブなほうに向かいます。

 

副交感神経は、「ブレーキ」です。この働きが上がると、血管が緩んで血圧は低下し、気分はどんどんゆったりして冷静なほうへと向かいます。

 

車の運転では、「アクセル」と「ブレーキ」のバランスを保つことが大切ですが、人間でも同じことが言えます。必要に応じてこの切り替えが上手くいかないと自律神経が乱れてしまいます。

 

 

下の図のように交感神経は胸椎の1番から腰椎の3番から、副交感神経は脳幹と仙髄の2番から4番からでます。

 

 

例えば胸椎の緊張している人(背中が張っているなと思っている人)は背中の緊張で交感神経を刺激してしまい、過剰に働きすぎてしまいます。すると、血管収縮、血圧上昇、心拍数の上昇など、カラダを緊張状態にして興奮させていきます。また、交感神経が優位になりすぎると、副交感神経で働く内臓の動きが抑制され、消化不良を起こします。

 

この状態が長く続くと常カラダが興奮してしまい、休息がとれません。

 

この場合、背中の緊張を強めている原因を探して施術することで、副交感神経が働きやすい状態へと導くことで、自律神経のバランスが取れます。

 

自律神経図3

 

 

自律神経がうまく働かないとどうなるの?

 

自律神経はとてもデリケートで、環境変化などのストレスがかかるとうまく働かなくなります。

 

ストレスがかかるとカラダに力が入って固まり、自律神経を刺激します。
特にストレスがかかると交感神経優位になりやすく、副交感神経の働きを妨げます。ストレスがかかり続けると、常に交感神経が働きすぎてしまい、精神的にも落ち着かない、イライラが止まらないなどの精神的な症状が出てきます。

 

また、交感神経が優位になると呼吸が浅くなります。
呼吸が浅くなると横隔膜の動きが悪くなり、内臓が固まってきます。内臓が固まるとそれについている腰の骨が硬く動きづらくなってきて、腰痛や冷え、足のむくみなどの症状につながってきます。

 

生きていればいろんなストレスがかかってきますが、自律神経はその度刺激を受けています。

 

問題は、それに気がつかなくて『慢性化』させてしまうことです。

 

からだは悪い状態が続くとそれが正常と思い込んで、悪い状態から抜け出す事を忘れてしまいます。

 

 

すると休んでも疲れがとれない、夜が眠れない、朝起きる時ツライ、いつもイライラしてしまうなどの症状が出てきます。これが長く続くと情緒不安定・生理不順・肩こりなどの原因となります。

 

 

 

交感神経がなぜ緊張する必要があるのか?

 

先ほど横隔膜が動かなくなることで、内臓が硬くなること、腰痛、冷え、むくみなどの症状が出ると書きましたが横隔膜が硬くなるのにも原因があり、そのまた原因があります。

 

交感神経が緊張する原因を見つけ、身体のバランスを整えてあげることで心身ともに楽になる方向へ向かうことができます。

 

 

整体サロンnaturaでできること

 

・頭蓋骨調整
・内臓調整
・仙骨調整
・脊柱調整
・呼吸調整

を行い、自律神経のバランスを整えます。

 

内臓の働きが良くなることで体温が上がり、免疫機能も高まり、また老廃物が溜まりにくくなり、痛みも出にくい身体にすることが出来ます。
他にも問題があれば、さらに全身を調整していきます。

 

 

まずは自分が自律神経症状がでているかチェックしてみましょう

 

自律神経チェック表

・めまいや耳鳴りのするときが多い
・立ちくらみをよく起こす

・胸が締め付けられる感じがする、胸(心)がザワザワする感じがある
・心拍数がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある
・息苦しくなるときがある
・夏でも手足が冷えるときがある
・胃の調子が悪いときが多い(お腹がすかない・胸やけ・膨満感・胃が重いなど)
・食欲が止まらない

・よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す
・肩こりや腰痛がなかなか治らない
・手足がダルイ時が多い
・顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく
・いきなり汗をかく、または寝汗をかく

・朝起きるときに疲労を感じる
・気候の変化に弱い
・光がやけにまぶしく感じる時がある
・テレビや人の声など、音が耳にさわる

・寝ても寝ても寝たりない
・夢をよく見る(怖い夢や戦うような夢にうなされる。金縛りになる場合は特に注意)
・風邪でもないのに咳がよく出る(特に首を触った時や、冷たい空気を吸った時など)
・飲み込みづらい時がある、ノドに違和感がある。
・早口で喋る、呂律が回らない時がある。

 

0〜1個 正常    自律神経の乱れは問題なし
2〜3個 要チェック 自律神経に負担がかかっている
4〜6個 要注意   自律神経失調症になりかけている可能性あり
7個以上 要相談   すぐに休養を取り、できるだけ早く専門家に相談しましょう

 

自律神経に負担がかかっていると感じたらひとりで悩まず、ぜひ整体サロンnaturaにご相談ください。

Posted in 症状別, 自律神経失調症 1 Comment

メンテナンスの重要性

整体サロンnaturaでは、整体を受けてカラダの状態がよくなった方に、月1度のメンテナンスをお勧めさせていただいています。

もちろん必要ない方には勧めません。
その方の状態(手術や既往歴・服薬がある)や、今後の生活習慣など(ストレスのかかりやすい環境にいる・仕事量など)を考慮して必要かな?と思ったときにお勧めをさせていただいています。

今日は、わたしたちがメンテナンスをおススメする理由を書きたいと思います(^ ^)

不調の原因は日常生活にあるため

身体の不調はなぜ出てくるのか?

それは、日常生活に問題があることがほとんどです。

生活リズム
食生活
飲酒や喫煙
服薬状況
仕事内容
ストレスのかかり方
身体の使い方

など、当たり前のように送っている毎日の中に、ご自分にとって合わないものや負担がかかりすぎているものがあります。

身体とはとても素直で、身体が嫌だと感じるものを与えると固まったり、逆に嬉しいものを与えると緩むということを無意識に繰り返しています。
身体は潜在意識(無意識の部分)の塊なのです。
わたしたちが気が付かないうちに、身体はいろんな物に触れて反応しています。

喜ぶことが多い状態だと基本的にあまり体調が崩れることはありませんが、仕事でのストレス、食生活の乱れ、運動不足など、身体にとって嫌な要素が上回るとコンディションが崩れてきます。

慢性化を防ぐため

しかし、人間はバランスが崩れてもある一定の閾値に達しないと痛みや不調を感じません。
身体はわたしたちが知らないところで、いろんな影響をかばいあっています。
なので、なんとか生活することはできるのです。

しかし、そんな間にも歪みはジワジワと積み重なっています。
これが慢性化の原因です。

すると結局、また治すのに時間がかかってしまうようになります。

身体のメンテナンスが必要な時代になっている

ひと昔前までは、現代のようなストレス社会ではなかったと思います。
物がなくて不便でしたが、生活の中で足腰を使うことが当たり前で、糖分や添加物の多い食材も少なかったです。

現在は便利になった反面、栄養価の高い食材を食べれなくなり、歩くことも少なくなっています。また、環境汚染などもあり身体の免疫力が弱る要素がゴロゴロしているのです。

また、共働きなどで女性も社会へ出る事が多くなり、家庭や育児のスタイルにも変化があります。
忙しい中でひと息つく暇もなく、心に余裕ができずに人間関係も複雑になったりでストレスを受けることが多くなっています。

以前がカラダにとって『正』と『負』のバランスがとれている時代だとしたら、現在は明らかにカラダにとって『負』が多い時代だと言えます。

時代が変化するのはごく当たり前。
しかし、変化に対応できるように工夫していく必要もあるのです。
カラダにとって負の要素が多い時代だからこそ『体』を『整える』ことを意識して行っていかなければならないと思います。

メンテナンスをすることの利点

未然に病気を防ぐことができる
体調を崩してもすぐ回復する
毎日が動きやすく、快適に動ける
人間関係が良くなり、楽しく生活できる
仕事がはかどり生産性があがる
家族や周りの人に優しくなれ精神が安定する

など、痛みを取る以外にもメンテナンスを受けるメリットはたくさんあるのです^ – ^
整体は副作用もなく、身体本来が持つ治癒力を引き出すお手伝いなので安心です。逆に身体へのデメリットはあまりありません。

薬を飲んで症状を抑えたり、痛い時は湿布を貼ったり注射を打って痛みをごまかしたり、マッサージしてその場しのぎをするなどでは、いずれカラダは悲鳴をあげ破綻します。

自分の身体とは一生付き合っていかなければなりません。機械ではないので、悪くなって『じゃあ、交換しましょう』とはいきません。

いくつになっても身体は再生もしますが、年をとるにつれて破壊のスピードが上回ってきます。
ちょっと痛いけど動いているからいいかな、なんか調子悪いけど少ししたら治るかという考えはかえって危険です。

施術者である私たちも毎日カラダを整えるトレーニングをし、運動をこころがけていますが、それでもなんだか身体が重いな・いつもと調子が違うかなと思う日があります。
それほど身体は繊細にできています。

毎日仕事ができるのも、遊べるのも、日常生活が送れるのも健康なカラダあってこそです。

私たちの考えは、美容室に行って髪を切るのと同じような感覚で、定期的なカラダのお手入れをしていただきたいという思いがあります。

これからも、私たちの考える健康についての価値観などを伝えていきたいと思っています。

Posted in naturaのこと コメントをどうぞ

犬の6歳は頭がよくなる?

今年5歳になるチロル♂

院長のお兄さんの家で飼っているわんちゃん。ご近所さんなので、いつも会いに行っています。

この日はなんだか様子が変。この状態から動かない(笑)
何この放心状態( i _ i )

いつも会いに行くとワンワン吠えてはしゃぐのに、ぜんぜん元気がない。体調不良かと思って相当心配になった
((((;゚Д゚)))))))
いつも以上にめっちゃ甘えるし(笑)

目もうつろ。よく拾い食いするし何か変なのでも食べたのかと思って心配・・・

ほんと元気がない・・・

でも、体調不良じやなくてただの仮病だということが判明
(>人<;)

姪っ子が帰ってきたかと思ったら出ていったらしく、相当寂しかったみたい(笑)お留守番苦手だもんね・・・

犬の6歳あたりから、だんだん知恵を使いこなして飼い主の様子を伺っているというのを聞いたけど、最近チロルも人のことがよくわかってきた仕草をはじめました。
確実に小さい頃と違う。

仮病使えば優しくしてくれるというのを知っていたなんて(笑)心配して損したー
かわいいからまあいいか(笑)

 

Posted in 平山愛子のブログ, 日常のこと コメントをどうぞ
1 / 3123