完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

ブログ

平山愛子のブログ

環境の変化と自律神経の不調の関係性について

1・2月は寒さによる緊張性の痛みや、日照り時間が短くなることで起きる冬うつの症状の方が多く来院されました。

 

そして4・5月はストレス性の自律神経症状で来られる方が増えてきます。

 

原因は環境の変化によるストレス。

 

4月は入学や異動、引っ越し等で人間関係や生活環境がガラリと変化する時期です。
逆に自分に合う変化であれば体調が良くなることもあります。

 

わたしたちは普段からいろいろな情報(環境・食事・人間関係・物)に触れています。
気がつかない無意識の部分でカラダはいろいろな情報を受け取り、反応しています。
そして、自分にとって合わないもの(ストレス)に触れるとカラダを固めます。

 

自律神経症状は無意識な部分での影響が大きいと感じています。
いわゆる潜在意識です(本音と建前でいえば本音)
カラダはとても正直で嘘がつけません。

 

ストレスも無意識のうちに受けているものだと思うのです。
ストレスは人が成長する上で、免疫をつける為にもはある程度必要なものでもありますが、許容を超えたストレスは自律神経を乱す元となります。

 

自律神経をコントロールするには

 

1、焦らない…焦るとカラダが緊張して悪いイメージを想起させます
2、良いイメージを持つ…楽しんでいる未来をイメージするようにする
3、自信を持つ…自信を持つことで良い方向へ引っ張る力が生まれます

 

環境の変化に敏感に反応する繊細な自律神経。また、原因がわかりづらく、心の問題とされてしまい、苦しんでしまうこともあります。

 

人は刻一刻と変化をしており、誰もが環境の変化を経験します。

 

それに伴う心の状態や体調も同じように変化をしています。変わらないものはないですし、ストレスがかからない人はいません。

 

自分はどういうタイミングで体調が悪くなりやすいのかを知り、調整できるようになることが大事です。

 

整体はカラダに溜まってしまったものを一旦外に出し、自分のストレスのかかりやすい箇所や癖を知り、調整していくためのきっかけのひとつです。

 

Posted in 平山愛子のブログ, 整体のこと, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

お客さんの声をいただきました。

お客さんの声をいただきましたのでご紹介させていただきます。

【36歳 A・Dさん】

仕事のストレスから体と心のバランスをくずしてしまい、様々な自律神経失調症状に悩まされていました。心療内科に通いながらどうしても服薬に抵抗を感じ、ヨガをやったり漢方専門医をたずねてみたりと自分でも良くなるようにあれこれやっていたところこちらと出会い。

初回は、今までの整体とまったくイメージが異なりマッサージのような感覚であっというまに終了(いつのまにか気持ち良すぎて眠ってたのでした)。

しかし肩の力が一気に抜け、とても楽になり、今までいかに体に力が入っていたかを知りました。2回目は呼吸自体が楽になった気がしました。

見えない自律神経も含め、体のメンテナンスが本当に大切だと痛感しています。

 

ご感想ありがとうございます。

A・Dさんと同じように、仕事のストレスから自律神経症状がでている方が多くいらっしゃいます。仕事の内容が変わった、夜勤が増えた、部署が変わった、役職が変わったなど様々な要因で自律神経というのは敏感に反応します。

そして無意識に体を緊張させています。

体が緊張すると呼吸が浅くなり、さらに交感神経過剰になり、体が緊張するという悪循環が続きます。

自律神経というのは無意識に働いています。

この無意識というのが曲者で自分ではコントロールできません。

コントロールしようとすればするほど体が緊張して逆効果になる場合もあります。

 

経験上、動悸や不安感、急な発汗、脈が早くなるなどの自律神経症状であれば3回〜5回の治療でほとんどの方がおさまってきます。

薬を飲むかどうか悩んでいる、どこに行けばいいかわからない、そんな方にこそ当院の施術を受けていただきたいと思っています。

Posted in naturaのこと, 平山三将のブログ, 整体のこと, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

自律神経症状の治り方とは?

当院では、自律神経を専門にしているため自律神経特有の

・めまいがする

・動悸がする

・胸が圧迫される

・常に不安感がある

・息苦しい

・のどがつかえる

など様々な症状が重なって来院される方が多くいます。

 

大体2、3回の治療で一番強い訴えなどはなくなる場合が多いです。

しかし状態はどうですか?と聞くと

『あまり変化がないんです』『まだ症状が残っています』

と言います。

 

そしてこちらがこの症状はどうですかーと聞くと

『その症状はもうありません』と・・・(笑)

 

最初に来院された時は常に胸の圧迫感があると言われてましたけどどんな感じですかーと聞くと

『1日に数回あるくらいになりました』と・・・(笑)

 

こちらからしてみると良くなってるじゃんと言いたくなるのですが、

本人は以前のことを忘れていて今の状態が当たり前になっているので

今起きている症状にしか着目できないのです。

 

このようになぜ以前のことを認識できなくなるかというと

整体で自律神経症状を治療していくと、自然治癒力が働きゆっくりと回復していきます。

すこーしずつ変化していくと明らかな違いが認識しにくいため今の身体の状態が当たり前なんだと脳が認識します。

そのため自分でさえ変化していることに気づかないことがあります。

 

みなさん『ゆでガエル理論』というのを聞いたことがあるかと思います。少し意味合いは違いますが、徐々に変化するものには気づかないという所が同じということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ゆでガエル理論」とは、カエルを熱湯の中に入れると驚いて飛び出しますが、常温の水に入れて徐々に熱すると、カエルはその温度変化に慣れていき、生命の危機と気づかないうちにゆであがって死んでしまうという話です。

ゆっくりと進行する危機や環境変化に対応することの大切さ、難しさを戒めるたとえ話の一種で、おもに企業経営やビジネスの文脈でよく用いられます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

逆に薬は即効性があり、すぐに楽になるので良くなったことが認識できます。

すぐに効果がでるため、薬を頼る人が多いのが事実です。

すぐに楽になる、すぐに痛みがなくなるというのは中毒性があります。

 

どうしても我慢できない場合は仕方ないかもしれませんが、

痛くなれば薬を飲む、きつくなれば薬を飲むということを続ければ

薬がないと痛みがとれないという思考回路が脳に刻みこまれます。

これが中毒です。

 

整体で自然治癒力を高めていくと

そういえば、めまいがしなくなったな

そういえば、胸の圧迫感がなくなったな

そういえば、痛みがなくなったな

ということが起きます。

これが自律神経症状特有の治り方です。

 

この『そういえば』に気づく事も自然治癒力をさらに発揮させるために必要な事です。その理由はこちらのブログで説明しております。

もう薬には頼りたくない、自分の力で立ち向かっていきたい

そんな方は整体サロンnaturaへ

Posted in naturaのこと, 平山三将のブログ, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

斜視改善事例

70代 女性

症状
・物が2重に見える(病院で原因不明の斜視と診断)
・動悸が常にある
・呼吸が浅い
・疲れやすい
・足が上がらず歩きにくい

 

2、3ヶ月前から物が2重に見え始め、背中が曲がってきて、足腰が弱くなったのを実感。外出ができない状態に。心配でいろんな病院で検査したが、原因がよくわからずに妹さんのご紹介で来院されました。

 

1回目の治療では自律神経を調整するために背骨や内臓、頭蓋骨中心に施術を行った結果、円背が改善、また動悸がおさまりました。円背に関しては一緒に来院されていた家族もビックリするくらい真っ直ぐになり、しっかりと踏ん張って立てるようになりました。もちろんボキッとするのではなく、本人さんも寝られるくらいの軽い刺激です。

 

そして2回目来院時、驚いたことにほとんどの症状がなくなっていました。
まだ外出はあまりできてないようですが、斜視や動悸がなくなっており、初回来院時に曲がっていた背中も、治療後の変化ほどではないにしろ真っ直ぐを維持できていました。

 

なによりも顔から笑顔がでていて、足取りもしっかりとなり、みるからに元気になっていました。全体の雰囲気が変わる。それが一番いい変化です。

 

70代ということもあり、改善には時間がある程度かかると思っていたのですが、1度の治療でこれだけ変化がでたので私自身も驚きました。施術の効果を拾える感受性や素直さは本人の潜在的なものが関係します。やはりやってみないとわからないです。もちろん個人差があるので、皆が皆、同じ経過を辿るとは限りませんが、こういうケースもあります。

 

自律神経を調整していくと無意識レベルでもの凄く変化がでます。自律神経は無意識の部分、いわゆる潜在意識が関係します。

 

最近は、初回時に検査をして時間がかかるだろうと思っていても1、2度の治療で症状がなくなってしまう方がいたり、どこにいっても原因がわからず悩んでいた方も改善していくこともあり、私達の予測のつかない場合が多々あります。

 

やはり『自律神経』というのはカラダの土台だなと感じる次第です。

 

時々、電話で『こういう症状ですが大丈夫ですか?何回で治りますか?』という問い合わせがあるのですが、私たちも『治療をしてみてカラダの反応を見てみないとなんともいえません』とお答えしています。
今回の場合のように、思ったよりも大幅に改善することもあれば、検査結果と同じように治療が難渋する場合もあります。また、表面に出ている症状が軽い例でも、原因が深くて時間がかかってくるケースもあります。治るペースはそれぞれです。

 

ですので、悩むよりもまず一度来院してみてください。
そしてカラダの状態を見せていただくことで私達にできることをお伝えします。

 

【参考までに】

斜視とは?

私達が物を見る時は通常、両方の眼が見ようとする目標に向かってまっすぐ向いていますしかし、片方の眼はまっすぐ向いているのに対して、反対の眼が外側や内側など目標と違う方向を向いている状態のことを「斜視」といいます。

 

原因としては以下の4つが考えられます。

1、眼を動かす筋肉と神経の異常

眼を動かす筋肉や神経に何らかの異常があると、眼球をうまく動かすことができず、眼の位置がずれてしまうために斜視になります。

 

2、遠視

近くを見る時は、無意識にその物にピントを合わせて見ています。これを調節といいます。この調節に伴い、目は少し内側に寄りますしかし、遠視の場合は遠くも近くもどこにもピントが合っていない状態にあり、遠くを見る時も常にピントを合わせるための調節を行っています。近くを見る時にはさらに強くピントを合わせる必要があるため、眼は通常よりもかなり内側に寄り、斜視となることがあります

 

3、両眼視の異常

両眼視とは、右目・左目それぞれの眼で見た2つの像を脳でまとめ1つの像として見る働きのことです。

遺伝や、脳の一部のほんのわずかな異常などが原因となり、この両眼視機能が障害されて斜視となることがあります。

 

4、視力の不良

病気や目の怪我などが原因で片方の視力が悪くなると両眼視ができなくなり、斜視になる場合があります。

 

なにかの参考になれば幸いです。

Posted in 平山三将のブログ, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

自律神経からみた夏バテの原因と対処法

夏の気温は30度超えは当たり前。気温35度になり、湿度は80%、聞くだけで外に出るのが嫌になります。夏ってなんかやる気が起きないし、体がダルイ、動きたくないといったことを経験したことがある方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は自律神経からみてなぜ夏バテが起こるのか?

そしてどのように対処したらよいのか?をまとめました。

 

★なぜ夏バテが起こるのか?

その一つに寒暖差があります。人間は様々なことでストレスを受けますが実は一番のストレスが気温差なのです。なぜ気温差がストレスになるのか?

 

それは自律神経にあります。

 

私たちは無意識に

寒くなると交感神経が働き、筋肉を緊張させ、血管を収縮し体内の温度を高く保とうとします。

逆に

暑くなると副交感神経が働き、筋肉を弛緩させ、血管を拡張し汗を出し体内の温度を低く保とうとします。

※上記の画像はこちらからお借りしました。

 

今はどこに行ってもエアコンがガンガンに効いてるので、お出かけすると室内は涼しい、外は暑いの繰り返しになるわけです。

そうなると自律神経は大忙しになり、エネルギーを過大に消費して疲れます。運動して疲れるのとは違い、体にとってはとても嫌な疲れになるのです。これが夏バテの原因となります

なので涼しいところにずっといるか、暑いところにずっといるほうが自律神経としてはスイッチを何度も切り替える必要がないため負担は少ないのです。

 

★夏バテの対策

夏バテの対策として、

自律神経のスイッチの切り替えを最小限に抑えるということが重要になってきます。そこで家にいるときと外出時の対策あげていきます。

 

①家にいるとき

・外との温度差を作りすぎない(冷やしすぎない)

・家のなかを家事などでウロウロする場合は一箇所だけ冷やすのではなく均等に温度を下げる。

・エアコンを入れたり切ったりしない。

 

②外出時

・できるだけ直射日光を浴びない、アスファルトの上を歩かないようにする。(アスファルトと木陰では表面温度差が20度近く違うそう。木陰では20度、アスファルトの上では50度以上になるそう)

・日傘をさす。

・デパートなどエアコンがガンガン入っているところでは一枚羽織る。

 

あと季節の野菜をしっかりと取りましょう。

夏野菜には、水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれます。トマトやキュウリなど生で食べられるものも多いので、夏に不足しがちな栄養素を簡単に補給できるのが夏野菜の長所です。

 

夏バテ気味だけどどうしていいかわからないという方は是非、気温差に注意して普段の生活を見直してみてください。

Posted in 平山三将のブログ, 自律神経失調症 コメントをどうぞ
1 / 212