完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

ブログ

平山愛子のブログ

ストレスと整体の役割

整体サロンnaturaに来られた方に、「不調の原因に思い当たることはありますか?」と聞くとほとんどが「ストレス」と答えます。

 

人は生きていると誰かと関わりを持ち、常に何かを感じています。

 

ストレス社会と言われるようになった時代。

不調の原因はストレスなしでは語れないようになっています。

 

そこで、ストレスとは何か、整体の役割、向き合い方をお伝えしようと思います。

 

ストレスとは

 

ストレスとは、生体に、外傷・中毒・寒冷・伝染病・精神的緊張などの刺激が加わったとき、生体の示す反応。俗に、精神的緊張のことを指します。

刺激に対して身体が反応している状態です。

自分に合わない刺激はストレスとなります。

 

ストレスの種類

 

  1. 物理的ストレス(環境的ストレス)
    機械的騒音(テレビや電話の音、電車やトラックが通過する時の音や振動)、天気、気温差、気圧の変化など
  2. 化学的ストレス
    コーヒーやお酒の飲み過ぎ、タバコ、薬、食品添加物などの影響
  3. 生物的ストレス
    細菌、ウイルス、カビ、花粉等、感染症やアレルギーの原因によるもの
  4. 社会的肉体的ストレス
    社会生活(出張、通勤、接待)、家庭内の問題(嫁姑問題、夫婦間係、子供の教育や進学、介護問題等)
  5. 心理的ストレス
    生活上の出来事、人間関係におけるストレス。個人の性格や受け止め方の違いが出る

 

ストレスはひとことで表せないくらい、幅広く奥が深いものです。

 

人は誰一人として同じ性質を持つ人はいません。体質、性格、価値観、感受性、それぞれ個性があります。

同じ出来事でもある人にとっては平気、ある人にはストレスになるなど、感じ方もそれぞれです。

なので身体に起こる不調、出方も違ってきます。

 

ストレスが原因で起こる不調・行動

 

頭痛

首こり・肩こり

息苦しさ

過呼吸

胸のもやもや

胃腸の不快感

便秘

関節の痛み

光がやけに眩しく感じる

話が頭に入らない

集中力低下

仕事や家事の効率が落ちる・段取りができない

呂律が回らない・早口・吃音になる

言葉が出てこない

動きが雑になる・大きな音を立てる

車の音や人の声など音に敏感になる

些細な事でイライラする

嫌なことにばかり目がいく

誰かに当たりたくなる

周りのことが見えなくなる

 

など、身体の不調以外に行動にも出てきます。

 

症状が一人一人違うように、その原因もまた一人一人違います。

体質、置かれている環境、性格、感受性、いろいろな原因が複雑にからみあっています。

 

よく、病院に行ってもストレスが原因と言われ何をしていいかわからないという声を聞きます。

 

ストレスを解消してくださいと一言で言われても、ストレスの原因を変えることは簡単なことではありません。

 

仕事や学校を辞めること、離婚すること、育児や介護をやめるなど、今置かれている環境をすぐに変えることはできません。

 

大切なのはストレスと上手く付き合うこと、身体に溜めないことです。

 

その一つの選択肢に整体があります。

 

整体の役割

 

ストレスのかかる箇所を調整する

溜まった毒素を身体の外に出す

ストレスを乗り越えるための身体の土台を作る

 

です。

 

ストレスがかかりすぎている人、身体の中に溜まってしまっている人を触らせてもらうと、独特の緊張があります。

 

特に頭蓋骨と背骨が岩のように硬く、呼吸がとても浅くなっています。

慢性化してしまうと身体の力を抜くことを忘れてしまい、常に緊張状態が続きます。

 

整体では、ストレスのかかる箇所を緩め、リラックスできる状態に整えます。

生きている間はストレスは無くなることはありません。

しかし、ストレスに強い人、弱い人がいることも確かです。

 

体調が悪い時はちょっとした言葉がカンに触るなど、何かとマイナスに捉えてしまいます。

 

しかし体調がいい時は悪いことをある程度受け流せますし、プラスに捉えることができます。自分の体調が悪い時のことを思い浮かべたら一目瞭然ですね。

 

ストレスを乗り越えるためには、身体の土台がとても大切です。

 

ストレスとの向き合い方

 

ストレスは悪いものと捉えがちですが、全てのストレスが悪いとは限りません。

 

例えば人は何か新しいことを始める時にはストレスを感じます。

今までと違う環境、生活、人間関係など、気を使うこともあれば頭を使うこともあります。その経験が知恵を使い、創造性を豊かにし、人間力を深めてくれます。

 

何かを経験していく上でかかるストレスというものは、自分自身の成長のために必要なものであり、時として私たちの心の肥やしにもなるのです。

 

しかし、化学的ストレスと言われる薬、お酒、食品添加物、糖分の過剰摂取は身体に負担を与え、体質を変えてしまいます。

 

実際に私たちが身体を診させてもらうと、多くの人が内臓が硬く、むくみがあり毒素が排泄できていない身体になっています。

 

簡単に食べ物が手に入る時代になったからこそ化学的ストレスの影響が大きくなっています。

 

白砂糖の入ったお菓子、菓子パン、コンビニの食材、お酒、外食が続く、長期服薬などは見直していく必要があります。また、心理的なストレスよりも自分の意思次第でコントロールができるものでもあります。

 

小さな積み重ねが身体を作る大切な一歩です。

Posted in 平山愛子のブログ, 整体のこと, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

お客さんの声をいただきました。

お客さんの声をいただきましたのでご紹介させていただきます。

 

【44歳 H・Fさん 看護師 小倉南区】

今まで整体にはほとんど行ったことがなく、何となく骨をポキポキならされて痛いことをされるところというイメージがありました。

今回、今まで経験したことのない体と心の疲労(肩こり・頭痛・耳鳴り・気力の低下など)を感じ、すがる思いでnaturaさんに通ってみることにしました。

通い始めて??ヶ月(現時点で2ヶ月)経ちますが、毎回ここにきたら体が生き返る!と実感できています。

naturaさんとご縁があって本当によかったです。(感謝)

 

※あくまで個人の感想で効果を保証するものではありません

 

【整体サロンnaturaより】

ご感想をいただきありがとうございます(^_^)

〇〇ヶ月のところが書かれていなかったので私の方で書き足しました。

 

ご感想にあるように整体というと骨をポキポキされて痛いというイメージを持たれている方が多いように思いますが当サロンではポキポキしたり無理な姿勢をとってもらったりということはしません。

その方の体にとって適度で心地のいい刺激で施術していきます。

 

H・Fさん来院した当初は肺炎の後の硬さが残っており、胸の筋膜や胸膜、心膜などが捻れて固まっていたことが症状を引き起こしていた大きな原因でした。

施術をしていると過去の外傷や内科系の疾患などが原因になっていることが多々ありますので痛いところを揉んだり叩いたりすることが逆効果になることもあるので注意が必要です。

 

ここに来たら体が生き返るとのことで、そう言っていただけると嬉しいです。

今後は寝たら生き返る体を目指して頑張っていきましょう。

よろしくお願いいたします。

 

 

Posted in お客さんの声, 平山三将のブログ, 整体のこと, 肩こり、首こり, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

環境の変化と自律神経の不調の関係性について

1・2月は寒さによる緊張性の痛みや、日照り時間が短くなることで起きる冬うつの症状の方が多く来院されました。

 

そして4・5月はストレス性の自律神経症状で来られる方が増えてきます。

 

原因は環境の変化によるストレス。

 

4月は入学や異動、引っ越し等で人間関係や生活環境がガラリと変化する時期です。
逆に自分に合う変化であれば体調が良くなることもあります。

 

わたしたちは普段からいろいろな情報(環境・食事・人間関係・物)に触れています。
気がつかない無意識の部分でカラダはいろいろな情報を受け取り、反応しています。
そして、自分にとって合わないもの(ストレス)に触れるとカラダを固めます。

 

自律神経症状は無意識な部分での影響が大きいと感じています。
いわゆる潜在意識です(本音と建前でいえば本音)
カラダはとても正直で嘘がつけません。

 

ストレスも無意識のうちに受けているものだと思うのです。
ストレスは人が成長する上で、免疫をつける為にもはある程度必要なものでもありますが、許容を超えたストレスは自律神経を乱す元となります。

 

自律神経をコントロールするには

 

1、焦らない…焦るとカラダが緊張して悪いイメージを想起させます
2、良いイメージを持つ…楽しんでいる未来をイメージするようにする
3、自信を持つ…自信を持つことで良い方向へ引っ張る力が生まれます

 

環境の変化に敏感に反応する繊細な自律神経。また、原因がわかりづらく、心の問題とされてしまい、苦しんでしまうこともあります。

 

人は刻一刻と変化をしており、誰もが環境の変化を経験します。

 

それに伴う心の状態や体調も同じように変化をしています。変わらないものはないですし、ストレスがかからない人はいません。

 

自分はどういうタイミングで体調が悪くなりやすいのかを知り、調整できるようになることが大事です。

 

整体はカラダに溜まってしまったものを一旦外に出し、自分のストレスのかかりやすい箇所や癖を知り、調整していくためのきっかけのひとつです。

 

Posted in 平山愛子のブログ, 整体のこと, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

お客さんの声をいただきました。

お客さんの声をいただきましたのでご紹介させていただきます。

【36歳 A・Dさん】

仕事のストレスから体と心のバランスをくずしてしまい、様々な自律神経失調症状に悩まされていました。心療内科に通いながらどうしても服薬に抵抗を感じ、ヨガをやったり漢方専門医をたずねてみたりと自分でも良くなるようにあれこれやっていたところこちらと出会い。

初回は、今までの整体とまったくイメージが異なりマッサージのような感覚であっというまに終了(いつのまにか気持ち良すぎて眠ってたのでした)。

しかし肩の力が一気に抜け、とても楽になり、今までいかに体に力が入っていたかを知りました。2回目は呼吸自体が楽になった気がしました。

見えない自律神経も含め、体のメンテナンスが本当に大切だと痛感しています。

 

ご感想ありがとうございます。

A・Dさんと同じように、仕事のストレスから自律神経症状がでている方が多くいらっしゃいます。仕事の内容が変わった、夜勤が増えた、部署が変わった、役職が変わったなど様々な要因で自律神経というのは敏感に反応します。

そして無意識に体を緊張させています。

体が緊張すると呼吸が浅くなり、さらに交感神経過剰になり、体が緊張するという悪循環が続きます。

自律神経というのは無意識に働いています。

この無意識というのが曲者で自分ではコントロールできません。

コントロールしようとすればするほど体が緊張して逆効果になる場合もあります。

 

経験上、動悸や不安感、急な発汗、脈が早くなるなどの自律神経症状であれば3回〜5回の治療でほとんどの方がおさまってきます。

薬を飲むかどうか悩んでいる、どこに行けばいいかわからない、そんな方にこそ当院の施術を受けていただきたいと思っています。

Posted in naturaのこと, 平山三将のブログ, 整体のこと, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

自律神経症状の治り方とは?

当院では、自律神経を専門にしているため自律神経特有の

・めまいがする

・動悸がする

・胸が圧迫される

・常に不安感がある

・息苦しい

・のどがつかえる

など様々な症状が重なって来院される方が多くいます。

 

大体2、3回の治療で一番強い訴えなどはなくなる場合が多いです。

しかし状態はどうですか?と聞くと

『あまり変化がないんです』『まだ症状が残っています』

と言います。

 

そしてこちらがこの症状はどうですかーと聞くと

『その症状はもうありません』と・・・(笑)

 

最初に来院された時は常に胸の圧迫感があると言われてましたけどどんな感じですかーと聞くと

『1日に数回あるくらいになりました』と・・・(笑)

 

こちらからしてみると良くなってるじゃんと言いたくなるのですが、

本人は以前のことを忘れていて今の状態が当たり前になっているので

今起きている症状にしか着目できないのです。

 

このようになぜ以前のことを認識できなくなるかというと

整体で自律神経症状を治療していくと、自然治癒力が働きゆっくりと回復していきます。

すこーしずつ変化していくと明らかな違いが認識しにくいため今の身体の状態が当たり前なんだと脳が認識します。

そのため自分でさえ変化していることに気づかないことがあります。

 

みなさん『ゆでガエル理論』というのを聞いたことがあるかと思います。少し意味合いは違いますが、徐々に変化するものには気づかないという所が同じということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ゆでガエル理論」とは、カエルを熱湯の中に入れると驚いて飛び出しますが、常温の水に入れて徐々に熱すると、カエルはその温度変化に慣れていき、生命の危機と気づかないうちにゆであがって死んでしまうという話です。

ゆっくりと進行する危機や環境変化に対応することの大切さ、難しさを戒めるたとえ話の一種で、おもに企業経営やビジネスの文脈でよく用いられます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

逆に薬は即効性があり、すぐに楽になるので良くなったことが認識できます。

すぐに効果がでるため、薬を頼る人が多いのが事実です。

すぐに楽になる、すぐに痛みがなくなるというのは中毒性があります。

 

どうしても我慢できない場合は仕方ないかもしれませんが、

痛くなれば薬を飲む、きつくなれば薬を飲むということを続ければ

薬がないと痛みがとれないという思考回路が脳に刻みこまれます。

これが中毒です。

 

整体で自然治癒力を高めていくと

そういえば、めまいがしなくなったな

そういえば、胸の圧迫感がなくなったな

そういえば、痛みがなくなったな

ということが起きます。

これが自律神経症状特有の治り方です。

 

この『そういえば』に気づく事も自然治癒力をさらに発揮させるために必要な事です。その理由はこちらのブログで説明しております。

もう薬には頼りたくない、自分の力で立ち向かっていきたい

そんな方は整体サロンnaturaへ

Posted in naturaのこと, 平山三将のブログ, 自律神経失調症 コメントをどうぞ
1 / 3123