完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

ブログ

平山愛子のブログ

ストレスと整体の役割

整体サロンnaturaに来られた方に、「不調の原因に思い当たることはありますか?」と聞くとほとんどが「ストレス」と答えます。

 

人は生きていると誰かと関わりを持ち、常に何かを感じています。

 

ストレス社会と言われるようになった時代。

不調の原因はストレスなしでは語れないようになっています。

 

そこで、ストレスとは何か、整体の役割、向き合い方をお伝えしようと思います。

 

ストレスとは

 

ストレスとは、生体に、外傷・中毒・寒冷・伝染病・精神的緊張などの刺激が加わったとき、生体の示す反応。俗に、精神的緊張のことを指します。

刺激に対して身体が反応している状態です。

自分に合わない刺激はストレスとなります。

 

ストレスの種類

 

  1. 物理的ストレス(環境的ストレス)
    機械的騒音(テレビや電話の音、電車やトラックが通過する時の音や振動)、天気、気温差、気圧の変化など
  2. 化学的ストレス
    コーヒーやお酒の飲み過ぎ、タバコ、薬、食品添加物などの影響
  3. 生物的ストレス
    細菌、ウイルス、カビ、花粉等、感染症やアレルギーの原因によるもの
  4. 社会的肉体的ストレス
    社会生活(出張、通勤、接待)、家庭内の問題(嫁姑問題、夫婦間係、子供の教育や進学、介護問題等)
  5. 心理的ストレス
    生活上の出来事、人間関係におけるストレス。個人の性格や受け止め方の違いが出る

 

ストレスはひとことで表せないくらい、幅広く奥が深いものです。

 

人は誰一人として同じ性質を持つ人はいません。体質、性格、価値観、感受性、それぞれ個性があります。

同じ出来事でもある人にとっては平気、ある人にはストレスになるなど、感じ方もそれぞれです。

なので身体に起こる不調、出方も違ってきます。

 

ストレスが原因で起こる不調・行動

 

頭痛

首こり・肩こり

息苦しさ

過呼吸

胸のもやもや

胃腸の不快感

便秘

関節の痛み

光がやけに眩しく感じる

話が頭に入らない

集中力低下

仕事や家事の効率が落ちる・段取りができない

呂律が回らない・早口・吃音になる

言葉が出てこない

動きが雑になる・大きな音を立てる

車の音や人の声など音に敏感になる

些細な事でイライラする

嫌なことにばかり目がいく

誰かに当たりたくなる

周りのことが見えなくなる

 

など、身体の不調以外に行動にも出てきます。

 

症状が一人一人違うように、その原因もまた一人一人違います。

体質、置かれている環境、性格、感受性、いろいろな原因が複雑にからみあっています。

 

よく、病院に行ってもストレスが原因と言われ何をしていいかわからないという声を聞きます。

 

ストレスを解消してくださいと一言で言われても、ストレスの原因を変えることは簡単なことではありません。

 

仕事や学校を辞めること、離婚すること、育児や介護をやめるなど、今置かれている環境をすぐに変えることはできません。

 

大切なのはストレスと上手く付き合うこと、身体に溜めないことです。

 

その一つの選択肢に整体があります。

 

整体の役割

 

ストレスのかかる箇所を調整する

溜まった毒素を身体の外に出す

ストレスを乗り越えるための身体の土台を作る

 

です。

 

ストレスがかかりすぎている人、身体の中に溜まってしまっている人を触らせてもらうと、独特の緊張があります。

 

特に頭蓋骨と背骨が岩のように硬く、呼吸がとても浅くなっています。

慢性化してしまうと身体の力を抜くことを忘れてしまい、常に緊張状態が続きます。

 

整体では、ストレスのかかる箇所を緩め、リラックスできる状態に整えます。

生きている間はストレスは無くなることはありません。

しかし、ストレスに強い人、弱い人がいることも確かです。

 

体調が悪い時はちょっとした言葉がカンに触るなど、何かとマイナスに捉えてしまいます。

 

しかし体調がいい時は悪いことをある程度受け流せますし、プラスに捉えることができます。自分の体調が悪い時のことを思い浮かべたら一目瞭然ですね。

 

ストレスを乗り越えるためには、身体の土台がとても大切です。

 

ストレスとの向き合い方

 

ストレスは悪いものと捉えがちですが、全てのストレスが悪いとは限りません。

 

例えば人は何か新しいことを始める時にはストレスを感じます。

今までと違う環境、生活、人間関係など、気を使うこともあれば頭を使うこともあります。その経験が知恵を使い、創造性を豊かにし、人間力を深めてくれます。

 

何かを経験していく上でかかるストレスというものは、自分自身の成長のために必要なものであり、時として私たちの心の肥やしにもなるのです。

 

しかし、化学的ストレスと言われる薬、お酒、食品添加物、糖分の過剰摂取は身体に負担を与え、体質を変えてしまいます。

 

実際に私たちが身体を診させてもらうと、多くの人が内臓が硬く、むくみがあり毒素が排泄できていない身体になっています。

 

簡単に食べ物が手に入る時代になったからこそ化学的ストレスの影響が大きくなっています。

 

白砂糖の入ったお菓子、菓子パン、コンビニの食材、お酒、外食が続く、長期服薬などは見直していく必要があります。また、心理的なストレスよりも自分の意思次第でコントロールができるものでもあります。

 

小さな積み重ねが身体を作る大切な一歩です。

Posted in 平山愛子のブログ, 整体のこと, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

お客さんの声をいただきました。

お客さんの声をいただきましたのでご紹介させていただきます。

 

【44歳 H・Fさん 看護師 小倉南区】

今まで整体にはほとんど行ったことがなく、何となく骨をポキポキならされて痛いことをされるところというイメージがありました。

今回、今まで経験したことのない体と心の疲労(肩こり・頭痛・耳鳴り・気力の低下など)を感じ、すがる思いでnaturaさんに通ってみることにしました。

通い始めて??ヶ月(現時点で2ヶ月)経ちますが、毎回ここにきたら体が生き返る!と実感できています。

naturaさんとご縁があって本当によかったです。(感謝)

 

※あくまで個人の感想で効果を保証するものではありません

 

【整体サロンnaturaより】

ご感想をいただきありがとうございます(^_^)

〇〇ヶ月のところが書かれていなかったので私の方で書き足しました。

 

ご感想にあるように整体というと骨をポキポキされて痛いというイメージを持たれている方が多いように思いますが当サロンではポキポキしたり無理な姿勢をとってもらったりということはしません。

その方の体にとって適度で心地のいい刺激で施術していきます。

 

H・Fさん来院した当初は肺炎の後の硬さが残っており、胸の筋膜や胸膜、心膜などが捻れて固まっていたことが症状を引き起こしていた大きな原因でした。

施術をしていると過去の外傷や内科系の疾患などが原因になっていることが多々ありますので痛いところを揉んだり叩いたりすることが逆効果になることもあるので注意が必要です。

 

ここに来たら体が生き返るとのことで、そう言っていただけると嬉しいです。

今後は寝たら生き返る体を目指して頑張っていきましょう。

よろしくお願いいたします。

 

 

Posted in お客さんの声, 平山三将のブログ, 整体のこと, 肩こり、首こり, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

環境の変化と自律神経の不調の関係性について

1・2月は寒さによる緊張性の痛みや、日照り時間が短くなることで起きる冬うつの症状の方が多く来院されました。

 

そして4・5月はストレス性の自律神経症状で来られる方が増えてきます。

 

原因は環境の変化によるストレス。

 

4月は入学や異動、引っ越し等で人間関係や生活環境がガラリと変化する時期です。
逆に自分に合う変化であれば体調が良くなることもあります。

 

わたしたちは普段からいろいろな情報(環境・食事・人間関係・物)に触れています。
気がつかない無意識の部分でカラダはいろいろな情報を受け取り、反応しています。
そして、自分にとって合わないもの(ストレス)に触れるとカラダを固めます。

 

自律神経症状は無意識な部分での影響が大きいと感じています。
いわゆる潜在意識です(本音と建前でいえば本音)
カラダはとても正直で嘘がつけません。

 

ストレスも無意識のうちに受けているものだと思うのです。
ストレスは人が成長する上で、免疫をつける為にもはある程度必要なものでもありますが、許容を超えたストレスは自律神経を乱す元となります。

 

自律神経をコントロールするには

 

1、焦らない…焦るとカラダが緊張して悪いイメージを想起させます
2、良いイメージを持つ…楽しんでいる未来をイメージするようにする
3、自信を持つ…自信を持つことで良い方向へ引っ張る力が生まれます

 

環境の変化に敏感に反応する繊細な自律神経。また、原因がわかりづらく、心の問題とされてしまい、苦しんでしまうこともあります。

 

人は刻一刻と変化をしており、誰もが環境の変化を経験します。

 

それに伴う心の状態や体調も同じように変化をしています。変わらないものはないですし、ストレスがかからない人はいません。

 

自分はどういうタイミングで体調が悪くなりやすいのかを知り、調整できるようになることが大事です。

 

整体はカラダに溜まってしまったものを一旦外に出し、自分のストレスのかかりやすい箇所や癖を知り、調整していくためのきっかけのひとつです。

 

Posted in 平山愛子のブログ, 整体のこと, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

手術後の自律神経症状と整体の役割

整体サロンnaturaには、ガンや子宮筋腫の術後、臓器摘出、ヘルニアの術後の方が来院されます。
手術は悪い箇所を取り除くことはできますが、問題となるのは術後のケアです。

特に術後に出てきやすい、めまいや吐き気、動悸や息苦しさなどの自律神経症状と整体の役割についてお話しをしようと思います。

 

手術後に出て来やすい不調

 

・息切れ
・動悸
・疲労感
・めまい
・ほてり

・体力低下
・疲労感
・関節の可動域低下
・歩行困難
・長く座れない

 

など、主に自律神経症状や体力低下などを訴える人が多いです。

 

なぜ手術後に自律神経症状がでるのか

 

術後の身体はとてもデリケートです。
術後は新しい身体に慣れていかなければならない為、身体はいろいろな症状を出してきます。

 

どんな手術に限らず、メスが入ると全身の筋緊張が高くなり、身体が緩みづらくなります。

 

大きな手術はもちろん、内視鏡などの負担が少なそうな手術でも、術前とは身体のバランスが変わります。それだけメスを入れるというのは、身体への負担が大きいのです。

 

メスを入れると手術の跡ができ、癒着が起こります。癒着は皮膚だけでなく筋肉や筋肉を覆っている筋膜などにも起こります。

 

また、手術の跡そのものが皮膚や臓器を引っ張ることで、関節の動きを制限させてしまいます。術前よりもカラダの可動域がなくなってしまうのはこの影響があるからです。

 

例えばお腹に手術の跡があるとしたら、前かがみの姿勢を作ってしまい、呼吸がしずらい、息苦しさがある、疲労感、胃の不快感などの自律神経症状、便秘や肩コリや腰痛など痛みの原因になります。

また、全身麻酔等で臓器の働きが弱くなると、排泄が上手くできずに体調が整いにくくなります。

 

臓器摘出の場合は、もともとカラダにあった臓器がなくなるわけですから、大きな負担がかかります。

 

臓器摘出後は、脳がまだその臓器があると認識をしています。臓器はないのに脳はあると認識しているあべこべな状態です。

 

新しい身体に慣れない時は、うまく身体のバランスを取ることができません。その為、カラダはたくさんの試行錯誤をしており、いろいろな不具合が出てきます。

 

術後、体調が整わない、以前よりも疲れやすくなった、めまいや動悸がする、息苦しさが抜けない、手術をしたのにまだ痛みがあるなどは、これらの影響があるためです。

 

なぜ術後のケアが大切なのか

 

先ほどもご説明したように、手術は問題のある箇所を取り除くものです。

 

例えば手術でガン、肺や子宮などの臓器摘出、ヘルニアの箇所を取り除くことや、帝王切開などで出産ができても、その後にできる術創(跡)へのアプローチ、体調を整えていくのはその後の身体のケアがキーポイントです。

 

しかし、まだ術後の身体ケアの重要性があまり普及されていないのが現状で、そのままになっている人がとても多いです。

 

手術後は焦らず、回復の段階を踏んでいくことです。体調を整えていきながら新しい身体に対応できるようにしていくことが大切です。

 

整体サロンnaturaでできること

 

・頭蓋骨調整
・脊柱・骨盤調整
・内臓調整
・呼吸調整
・術創部のケア

 

これらを中心に、自律神経を乱している原因を整えていきます。

 

整体サロンnaturaでできる術後の種類

 

・ガンによる臓器摘出後
・子宮筋腫の術後・臓器摘出後
・頚椎・腰椎ヘルニア術後
・その他、内視鏡など

 

術後の整体の役割

 

・癒着をできる限り予防する、関節の可動域を確保する
・自律神経を整えることにより、めまいや吐き気、息苦しさ、疲労感を回復する
・体力回復

・新しい身体に慣れるためのお手伝い

 

いずれも、病院で身体の状態に問題がないとされていること、傷の状態が安定していること、発熱がないことが前提になります。

 

術後の体調不良、めまいや動悸、呼吸のしずらさなどの自律神経症状、疲労感などにお悩みの方はぜひ整体サロンnaturaへご相談下さい。

 

Posted in 平山愛子のブログ, 手術後の体調不良, 整体のこと コメントをどうぞ

お客さんの声をいただきました

お客さんの声をいただきましたのでご紹介させていただきます。

首が痛くて回せなくなり、背中と肩もガチガチに凝っていた30代女性の方です。

【30代 女性 M・Aさん】

痛くて首が回らなくなり、背中と肩もガチガチに凝った様になり、シップを貼ったりして2、3日様子をみても、ほとんど良くならずどうしようか悩んでいた所、職場の方のすすめでその日のうちに予約を取って来院させてもらいました。

施術が終わって、あんなに痛くて回らなかった首が回るようになり、背中と肩も楽になり、とても嬉しかったです。

また、元々寝つきが悪く、夜中に何度も目が覚めるのですが、それが少し減ってきたように思います。

これからも通院して体調を整えたいと思います。

 

ご感想ありがとうございます。

M・Aさんの場合、腰からのねじれを庇うために左の首、腕に負担がかかっていました。

首というのは目線をまっすぐにするために下からの歪みを最終的に調整する部位です。

ですので首をまっすぐにしたら良くなるというわけではなく、足や骨盤、腰の影響を見て首に与える負担を取っていくことが必要です。

結果的に2回の施術で首の痛みがなくなりました。

また夜中に目が覚めるのが減るなどの副次的な効果もでたようで良かったです。

腰がスムーズに動き出すと同じ様に負担がかかっても痛みが出ることがなくなってきます。

また自律神経が整いさらに寝つきが良くなったり、夜にぐっすり眠れるようになってきます。

今後もよろしくおねがいいたします。

Posted in お客さんの声, 平山三将のブログ, 整体のこと, 肩こり、首こり コメントをどうぞ
1 / 612345...最後 »