完全予約制・当日の予約可
メールでの予約はこちら

ブログ

平山愛子のブログ

環境の変化と自律神経の不調の関係性について

1・2月は寒さによる緊張性の痛みや、日照り時間が短くなることで起きる冬うつの症状の方が多く来院されました。

 

そして4・5月はストレス性の自律神経症状で来られる方が増えてきます。

 

原因は環境の変化によるストレス。

 

4月は入学や異動、引っ越し等で人間関係や生活環境がガラリと変化する時期です。
逆に自分に合う変化であれば体調が良くなることもあります。

 

わたしたちは普段からいろいろな情報(環境・食事・人間関係・物)に触れています。
気がつかない無意識の部分でカラダはいろいろな情報を受け取り、反応しています。
そして、自分にとって合わないもの(ストレス)に触れるとカラダを固めます。

 

自律神経症状は無意識な部分での影響が大きいと感じています。
いわゆる潜在意識です(本音と建前でいえば本音)
カラダはとても正直で嘘がつけません。

 

ストレスも無意識のうちに受けているものだと思うのです。
ストレスは人が成長する上で、免疫をつける為にもはある程度必要なものでもありますが、許容を超えたストレスは自律神経を乱す元となります。

 

自律神経をコントロールするには

 

1、焦らない…焦るとカラダが緊張して悪いイメージを想起させます
2、良いイメージを持つ…楽しんでいる未来をイメージするようにする
3、自信を持つ…自信を持つことで良い方向へ引っ張る力が生まれます

 

環境の変化に敏感に反応する繊細な自律神経。また、原因がわかりづらく、心の問題とされてしまい、苦しんでしまうこともあります。

 

人は刻一刻と変化をしており、誰もが環境の変化を経験します。

 

それに伴う心の状態や体調も同じように変化をしています。変わらないものはないですし、ストレスがかからない人はいません。

 

自分はどういうタイミングで体調が悪くなりやすいのかを知り、調整できるようになることが大事です。

 

整体はカラダに溜まってしまったものを一旦外に出し、自分のストレスのかかりやすい箇所や癖を知り、調整していくためのきっかけのひとつです。

 

Posted in 平山愛子のブログ, 整体のこと, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

手術後の自律神経症状と整体の役割

整体サロンnaturaには、ガンや子宮筋腫の術後、臓器摘出、ヘルニアの術後の方が来院されます。
手術は悪い箇所を取り除くことはできますが、問題となるのは術後のケアです。

特に術後に出てきやすい、めまいや吐き気、動悸や息苦しさなどの自律神経症状と整体の役割についてお話しをしようと思います。

 

手術後に出て来やすい不調

 

・息切れ
・動悸
・疲労感
・めまい
・ほてり

・体力低下
・疲労感
・関節の可動域低下
・歩行困難
・長く座れない

 

など、主に自律神経症状や体力低下などを訴える人が多いです。

 

なぜ手術後に自律神経症状がでるのか

 

術後の身体はとてもデリケートです。
術後は新しい身体に慣れていかなければならない為、身体はいろいろな症状を出してきます。

 

どんな手術に限らず、メスが入ると全身の筋緊張が高くなり、身体が緩みづらくなります。

 

大きな手術はもちろん、内視鏡などの負担が少なそうな手術でも、術前とは身体のバランスが変わります。それだけメスを入れるというのは、身体への負担が大きいのです。

 

メスを入れると手術の跡ができ、癒着が起こります。癒着は皮膚だけでなく筋肉や筋肉を覆っている筋膜などにも起こります。

 

また、手術の跡そのものが皮膚や臓器を引っ張ることで、関節の動きを制限させてしまいます。術前よりもカラダの可動域がなくなってしまうのはこの影響があるからです。

 

例えばお腹に手術の跡があるとしたら、前かがみの姿勢を作ってしまい、呼吸がしずらい、息苦しさがある、疲労感、胃の不快感などの自律神経症状、便秘や肩コリや腰痛など痛みの原因になります。

また、全身麻酔等で臓器の働きが弱くなると、排泄が上手くできずに体調が整いにくくなります。

 

臓器摘出の場合は、もともとカラダにあった臓器がなくなるわけですから、大きな負担がかかります。

 

臓器摘出後は、脳がまだその臓器があると認識をしています。臓器はないのに脳はあると認識しているあべこべな状態です。

 

新しい身体に慣れない時は、うまく身体のバランスを取ることができません。その為、カラダはたくさんの試行錯誤をしており、いろいろな不具合が出てきます。

 

術後、体調が整わない、以前よりも疲れやすくなった、めまいや動悸がする、息苦しさが抜けない、手術をしたのにまだ痛みがあるなどは、これらの影響があるためです。

 

なぜ術後のケアが大切なのか

 

先ほどもご説明したように、手術は問題のある箇所を取り除くものです。

 

例えば手術でガン、肺や子宮などの臓器摘出、ヘルニアの箇所を取り除くことや、帝王切開などで出産ができても、その後にできる術創(跡)へのアプローチ、体調を整えていくのはその後の身体のケアがキーポイントです。

 

しかし、まだ術後の身体ケアの重要性があまり普及されていないのが現状で、そのままになっている人がとても多いです。

 

手術後は焦らず、回復の段階を踏んでいくことです。体調を整えていきながら新しい身体に対応できるようにしていくことが大切です。

 

整体サロンnaturaでできること

 

・頭蓋骨調整
・脊柱・骨盤調整
・内臓調整
・呼吸調整
・術創部のケア

 

これらを中心に、自律神経を乱している原因を整えていきます。

 

整体サロンnaturaでできる術後の種類

 

・ガンによる臓器摘出後
・子宮筋腫の術後・臓器摘出後
・頚椎・腰椎ヘルニア術後
・その他、内視鏡など

 

術後の整体の役割

 

・癒着をできる限り予防する、関節の可動域を確保する
・自律神経を整えることにより、めまいや吐き気、息苦しさ、疲労感を回復する
・体力回復

・新しい身体に慣れるためのお手伝い

 

いずれも、病院で身体の状態に問題がないとされていること、傷の状態が安定していること、発熱がないことが前提になります。

 

術後の体調不良、めまいや動悸、呼吸のしずらさなどの自律神経症状、疲労感などにお悩みの方はぜひ整体サロンnaturaへご相談下さい。

 

Posted in 平山愛子のブログ, 手術後の体調不良, 整体のこと コメントをどうぞ

お客さんの声をいただきました

お客さんの声をいただきましたのでご紹介させていただきます。

首が痛くて回せなくなり、背中と肩もガチガチに凝っていた30代女性の方です。

【30代 女性 M・Aさん】

痛くて首が回らなくなり、背中と肩もガチガチに凝った様になり、シップを貼ったりして2、3日様子をみても、ほとんど良くならずどうしようか悩んでいた所、職場の方のすすめでその日のうちに予約を取って来院させてもらいました。

施術が終わって、あんなに痛くて回らなかった首が回るようになり、背中と肩も楽になり、とても嬉しかったです。

また、元々寝つきが悪く、夜中に何度も目が覚めるのですが、それが少し減ってきたように思います。

これからも通院して体調を整えたいと思います。

 

ご感想ありがとうございます。

M・Aさんの場合、腰からのねじれを庇うために左の首、腕に負担がかかっていました。

首というのは目線をまっすぐにするために下からの歪みを最終的に調整する部位です。

ですので首をまっすぐにしたら良くなるというわけではなく、足や骨盤、腰の影響を見て首に与える負担を取っていくことが必要です。

結果的に2回の施術で首の痛みがなくなりました。

また夜中に目が覚めるのが減るなどの副次的な効果もでたようで良かったです。

腰がスムーズに動き出すと同じ様に負担がかかっても痛みが出ることがなくなってきます。

また自律神経が整いさらに寝つきが良くなったり、夜にぐっすり眠れるようになってきます。

今後もよろしくおねがいいたします。

Posted in お客さんの声, 平山三将のブログ, 整体のこと, 肩こり、首こり コメントをどうぞ

お客さんの声をいただきました。

お客さんの声をいただきましたのでご紹介させていただきます。

【36歳 A・Dさん】

仕事のストレスから体と心のバランスをくずしてしまい、様々な自律神経失調症状に悩まされていました。心療内科に通いながらどうしても服薬に抵抗を感じ、ヨガをやったり漢方専門医をたずねてみたりと自分でも良くなるようにあれこれやっていたところこちらと出会い。

初回は、今までの整体とまったくイメージが異なりマッサージのような感覚であっというまに終了(いつのまにか気持ち良すぎて眠ってたのでした)。

しかし肩の力が一気に抜け、とても楽になり、今までいかに体に力が入っていたかを知りました。2回目は呼吸自体が楽になった気がしました。

見えない自律神経も含め、体のメンテナンスが本当に大切だと痛感しています。

 

ご感想ありがとうございます。

A・Dさんと同じように、仕事のストレスから自律神経症状がでている方が多くいらっしゃいます。仕事の内容が変わった、夜勤が増えた、部署が変わった、役職が変わったなど様々な要因で自律神経というのは敏感に反応します。

そして無意識に体を緊張させています。

体が緊張すると呼吸が浅くなり、さらに交感神経過剰になり、体が緊張するという悪循環が続きます。

自律神経というのは無意識に働いています。

この無意識というのが曲者で自分ではコントロールできません。

コントロールしようとすればするほど体が緊張して逆効果になる場合もあります。

 

経験上、動悸や不安感、急な発汗、脈が早くなるなどの自律神経症状であれば3回〜5回の治療でほとんどの方がおさまってきます。

薬を飲むかどうか悩んでいる、どこに行けばいいかわからない、そんな方にこそ当院の施術を受けていただきたいと思っています。

Posted in naturaのこと, 平山三将のブログ, 整体のこと, 自律神経失調症 コメントをどうぞ

施術をしてみないとわからない

今年の7月から、高校生の頃から頭痛や肩こりに悩んでいるという50代の女性を施術させていただいています。

施術をはじめて2ヶ月目あたりから、いつもコリを感じていたのがなくなってきたとのこと。

 

高校生の頃からであれば、35年前後悪い状態が続いているので長期的な施術期間がいるかと予想していたのですが、順調に進んでいます。今は施術をはじめて3ヶ月目。まだ安定感は少ないですが、まずは細胞が生まれかわる段階をひと段落。

 

本人も、万年悩んだあのコリはなんだったのかなと言われていましたが、1番のカラダ変化は力が抜けたこと。そして、その変化した状態を体感できていること。カラダは感じることで変化をしていきます。

 

骨盤のところにある仙腸関節という場所にズレがあり、背骨もガチガチに固まっていました。また、そのズレを頭蓋骨で固めてしまっているという状態。ずっとカラダに力がが入り、緊張が抜けない状態でした。

 

また、この方は初診時に、『365日元気で快適でいたい。』と言われていましたが、この思い=ゴール設定がとてもよかったのです。

 

人はどういう思いで施術に望むかで、カラダの治り方が変わっていきます。ただ漠然と施術を受けるか、早くよくなって元気で生活できるイメージを持っているのかでは施術の効果の吸収が違うからです。カラダは潜在意識の塊で、その人の無意識に思っている根底の部分が出てきます。

 

最初のカウンセリングと施術の段階で、どのくらいかかるかをある程度の予測はしていますし、お伝えもしています。しかし、何年も悩んでいる人が思ったよりも早く大きな回復力をみせたり、薬を長年飲んでいた人が必要なくなってきたり、薬に対する向き合いかたを考え治したりなど気持ちの変化も見えてきたりもします。

 

日々いろんな方を診させていただき、最近になって感じることですが、どんな症状でも施術をして反応をみないとわからない。なので、治るか治らないかを考えるのではなくて、まずはやってみることだと思います。

Posted in 平山愛子のブログ, 整体のこと, 肩こり、首こり コメントをどうぞ
1 / 612345...最後 »